テーマ:昆虫

アカボシゴマダラその後(5)

この所、急激に寒くなり、東京は雪は降らないけれど寒さは1度前後。 さすがに、アカボシゴマダラの幼虫たちは、ばたばた死んでいっているのではないかと、 観察場所に行ってみた。 ところがどっこい!  しぶとく生き続けるアカボシゴマダラ達の姿がそこにあった。 エノキの幼木はさすがに葉は全て落ちていた。 細い枝に止…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アカボシゴマダラその後(4)枝から根本へ

行きがかり上、気になる幼虫どもがどうなったかまた見に行きました。 基本的には変わりませんが、さすがに吹きさらしの枝にいるのは寒いのと 葉が完全に落ちてきたので、鳥に襲われる確率が高まったことなどで、 幼虫たちは、木の根本や枝の下の方に移動したようです。 一部はまだ枝先の方にいましたが・・・ 幼虫のいる木…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アカボシゴマダラその後(3)寒さも平気?!

2017.1.17、全国で日本海側中心に大雪がふり、東京も北風が冷たく、朝は氷点下になった。 さすがにこの寒さでは、アカボシゴマダラの幼虫もたまらず、地面に下り、葉の裏に隠れているだろう。 あの終齢幼虫たちは、どうなるのだろう? ゴマダラチョウやオオムラサキは若齢幼虫で冬越しする。 あんな終齢幼虫でこの寒さは乗り切れる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アカボシゴマダラその後(2)

ジョナサンの植え込みの中のエノキでアカボシゴマダラの幼虫を年末に見つけた。 そして昨日、また撮影に行った。 なんと! そこには、9匹の幼虫と1つの蛹が見つかった。 エノキのその後の様子(2017.1.7) 一応、見つけられた9匹の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アカボシゴマダラその後

家の中で小さなプランターに生えたエノキに付いた幼虫を飼っていた。 日の当たるところだったので環境としては外よりずっと暖かい。 葉の上でじ~っとしていた幼虫が肌の色を緑からにごった緑に変えて、 枯れてきた葉にくるまるように過ごしていた。葉の葉柄はしっかり枝にくくりつけてあり、葉は落ちそうにない。下の写真 12月…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この寒さにアカボシゴマダラが羽化

近所にエノキの幼木があり、そこでアカボシゴマダラの幼虫を見つけたことを以前書いた。 10月 22日に見つけた幼虫。 この場所はよく通るので、通る度に気にしていましたが、なんと今日(26日)、エノキの幼木の中に成虫が止まっていました。この寒さの中で羽化したのですね。どうするつもりなんだろう。 中央付近にチョウの翅…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

KIPON EF-MFT でオリンパスにキヤノンのMP-E65mmマクロをつけて。

最近は、体力の衰えが顕著で、先日は風邪を引いて4日も寝込んでしまった。 昔は、1日も寝ていれば汗をびっしょりかいて治ってしまったものだが、4日も寝込むとは・・・ そんなこんなで、筋力も衰えてきている。 膝はフィットネスの筋力アップで徐々によくなってきている感じだが、やはり下りの階段、下りの坂道は膝痛が出てきてまだしんどい。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アカボシゴマダラの越冬幼虫

先日羽化したアカボシゴマダラは放蝶せずに、標本にしました。 かわいそうですが、日本の在来種のゴマダラチョウなどに少なからず影響を与えていると思われ、要注意外来生物に指定されているのです。 その後の若齢幼虫は、緑色から茶色に変色してきた。 まだ緑色の3齢幼虫。越冬に備えてか、でっぷりと太っている。 まだ緑の葉も多く、この居…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アカボシゴマダラ幼虫深度合成

家の鉢植えのエノキにアカホシゴマダラの幼虫を発見。 どこにいるかわかりますか?   わりと真ん中当たりです。画像を2度クリックすると拡大されます。 赤い矢印のところ(画像をクリックして拡大) まったく気がつかなかったですが、もしやと思ってなめるように見たら見つかりました。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

クロアゲハ蛹化

家の鉢植えのミカンの木で見つけたクロアゲハの幼虫が蛹化した。 もう終齢で蛹化寸前だったようで、観察を続けていた。 糸を吐いて、体を枝に固定した。(10月13日) 体の色が変わってきた。うん? 死んでしまうのかと本気で思った(10月14日) もしかしたら蛹化の脱皮が始めるのかも? と思ってカメラをセットした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

再び舞岡公園

友達4人と舞岡公園に、花探し、虫探しの撮影会。 私は2回目だが、すごくここは気に入った。虫が濃く、谷戸、池、雑木林・・・環境がいろいろ変化に富んでいる。 家の近くにこんな所があったら、毎日来ても良いところだ。 白色の翅に眼の模様の目立つ蛾いた。 ヒトツメオオシロヒメシャクという蛾だ。水路の反対側にいて、腕を押さえても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓮正寺公園~長池公園

9月28日、まんゆう会で八王子方面へ。 まんゆう会はいつも小田急線沿線がおおいのだが、今回は京王線の京王堀之内駅集合である。 この時期の異常気象の天候不順で、延ばし延ばしでやっと実施にこぎ着けた。 今日は蓮正寺公園にいってから、長池公園まで歩く予定である。 八王子のこの辺は、多摩ニュータウンの開発された地帯に、パッチ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キアシナガバチの巣の変化

町田の方に行く度に、キアシナガバチの巣を観察、撮影した。計3回ですが、その経過報告です。 7月25日の巣 母バチが最初の巣を作り上げ、働き蜂も増えて、次第に大きくなり出したところです。 母バチは働き蜂に比べて、あきらかにひとまわり大きい。もうこの頃は産卵に専念しだしているのだろう。 9月5日の巣 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

彼岸花と蝶

9月27日、3週間ぶりにまた町田の方に行って来た。 彼岸花が咲いているところがあり、そこに結構蝶が現れる。 畑の斜面に生えていて、蝶が来ると撮りやすい。 残念ながら今日は、キアゲハが1匹しかいなかった。 飛んでいる所を激写?! しばらくすると、モンキチョウがきた。 やはりヒガンバナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスズメ羽化

ブドウの葉でみつかったコスズメの幼虫を飼育して、土に潜り蛹になったのが8月末。 そして昨日成虫が羽化した。 しかし3個体のうち2個体は寄生バエにやられた。 一生懸命エサをやり、たくさんするウンチを片付けて、手塩に掛けて育てた幼虫がさなぎになり、 成虫の出現を、今か今かと待ちかねているところにハエが飛び出してきた!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キアシナガバチの巣

膝は簡単には治らない。 しかし、筋肉を鍛えれば、かなり普通に歩けるようにはなる。 フィットネスのインストラクターは膝周辺の筋肉を鍛えて、膝痛を克服したということである。 わたしも筋トレと同時にランニングマシンで必死に歩いている。最初は5分も痛くて歩けなかったが、 今は30分は平気である。人間の機能なんて使わなければ使わないほ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アブラゼミの深度合成

このところ、急にセミが消えてゆく。もう9月だからしょうがないが。 一気にセミからコオロギの声に変わってゆく。 プロ写真家の湊氏のオリンパスEM-1に12-40mmレンズを付けて深度合成したセミの写真を見て 私も真似して撮りたくなり、公園に行った。セミの声はメチャ少なくなったが、メスはまだ産卵のためいた。 木の下の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒメクロイラガとコガネの変種?

近くの公園に行ったとき、何匹ものヒメクロイラガが地面を這っていた。 おや?と上を見上げたら、クヌギの木に大発生して、葉が食い荒らされ、 その一部が風に吹かれて落ちてきたらしい。 さっそく深度合成で撮ってみた。 刺されるとけっこう痛いらしい。しかしすごいトゲである。 みるからに痛そう。深度合成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫嫌いの主婦の世も末の「たわごと」

FBをやっていますが、その友達が載せた話。この方は女性で「むし塾」とか主催して、年に何度か昆虫学者などを招待して、昆虫に関する講演会をしています。プロディース能力のすごいひとで、いろいろな虫に関するイベントも行っています。ご自身も昆虫に関する書籍「虫目のすすめ」など本も出版しています。 「むし塾」に参加する人も女性がおおく、参加す…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

チャドクガの幼虫

庭のサザンカにチャドクガの幼虫が発生。 4月頃にも発生したので退治したはずだが、第2化なのだろうか? この幼虫たちは、つねに集団で居る。葉を移動しているみたいだが、一列縦隊で夜間移動するのではないか? いちど撮影したいが、まだ見たことはない。 殺虫剤をかける前に撮影させてもらった。 葉には裏表にびっしり並ん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

近所の公園で見つけた虫たち

このところ寝不足気味です。金メタルラッシュで、夜討ち朝駆けでテレビを見てます。 サッカーはオウンゴールがなければ、トーナメントにゆけたのにな~~~ ところで、写真の腕が鈍ってきた感じなので、近所の公園へ虫探しに。 しかし暑い日が続き、撮影中も汗がだらだら・・・それにもめげずに挑戦。 金メタルを取った人の苦労に比べれば、ちょろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリギリスほか

今借りている農場のそばに長池公園がある。 8月4日に農場に行く前に、長池公園にちょっと寄った。 以前、里山写真クラブのH氏とK氏とクワエダシャクの幼虫を探しに行ったことがある。 ここも虫が濃いところだ。 今日は30度を超える酷暑で、ふらふらになりながら、歩き回った。 ウマノスズクサが咲いていた。奇妙な花…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

虫愛ずる

久しぶりに、町田の方に出掛けた。 まだ膝は完全ではないが、平らなところはほとんど無理なく歩ける。 しかし、坂道は膝に体重がもろにがかかるのか、痛い。 まあ、なんとかなるだろうと、カメラ担いで久しぶりの虫探し。 クズの葉に見慣れぬ虫が? なんだこれは? このむしの近くにマルカメムシが。ああ、そうか、あ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

カブトムシの飛翔写真

カブトムシの飛翔写真などは栗林先生がずいぶん昔に撮っていました。 特殊なストロボを手作りで作って、シャッターから何からカメラを改造して、すごい写真を撮っていました。 私のはまやかし物です。でも深度合成写真であることが違いますね・・・ 角の先から足の先までピントが合っています。 7月3日の30度を超す昼間に、部屋を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

深度合成写真に限る

昆虫写真、花のマクロは深度合成に限りますね。 可能な限り深度合成に挑戦しています。 ちょっとした風、昆虫の触角の動きなどどうしようもない物もありますが、 それでも深度合成に挑戦。 しかし失敗は多いし、撮った後、深度合成ソフトで沢山の写真を合成する時間がバカにならない。 TG4でのカメラ内合成は楽で良いが、デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫の濃い舞岡公園

6月25日、まんゆう会があった。 梅雨のため、予定変更、順延を繰り返して、やっと実現である。 舞岡公園はJR戸塚から横浜市営地下鉄で一つ目で、駅から歩いて25分かかる。 ネットから借用してきた地図の航空地図で見ると、住宅街のまっただ中であるが、公園に入ってしまうと、 そこは100年前の自然豊かな空間が出現する。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

結婚飛行

いつも行く、町田の方に行って来た。 久しぶりである。慣れ親しんだフィールドは故郷に帰ったような気になる。 もっと近ければ毎日かよってもいい。むかしこの辺に家を借りて住みたいと思った。 毎日、カメラを持って昆虫撮影・・・まるで夢のような暮らしだな。 夢はなかなか叶わない。 しかし、昆虫の濃い所って、減りつつあ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久しぶりの昆虫

膝を痛めてから、昆虫取材を控えていた。 近くの公園ぐらいしか行かなかったが、久しぶりに5月末に戸隠の方に行って来た。 やはり昆虫が濃いところで、面白い。見たこと無いようなものもずいぶん見られた。 一番負担の少ないカメラである、TG-4をおともに深度合成を撮りまくった。 ゴボウゾウムシ クロモンアオシ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アリヅカコオロギ

撮りたいと思っていたアリヅカコオロギの撮影に成功。 アリの巣に居候しているコオロギでとても小さいです。 クロツヤアリの巣だと思いますが、腐った木を突き崩していたら、あれなんだこれ?という虫が出てきて 良く見たらアリヅカコオロギです。カメラを持っていなかったのでお持ち帰りで家で、キヤノン6DにMP-E 65mmで撮影。と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カブトムシ最終チェック

5月9日に、全カブトムシの幼虫をチェック。 最終的には、14個体のうち7個体が死んでいた。 丁度半分である。こんなに亡くなるものなのかな? 前回エサ換えのとき、いつものとは違う茶色の粉のようなエサががあり、 これを混ぜて与えた。このエサが悪かったのだろうか?? 死んだのは雄と思われる(V字マークあり)が5頭…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more