テーマ:昆虫百面相(連載エッセイ)

クロゴキブリの顔

昆虫百面相の連載に載せるつもりだったのですが、 担当の記者に無視され、最終的に拒否されました。 一般の人には、クロゴキブリが好きな人なんていませんよね。 当然と思いながらも、すこし残念でした。そこで、ここに登場してもらいます。 私自身は昆虫好きですが、クロゴキブリだけは好きになれません。 飛んできて顔面に張り付いたこと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ウスバシロチョウ

2011年3月31日読売新聞「昆虫百面相」に掲載予定だった、ウスバシロチョウです。 しかし、6年前は読売新聞のこの連載もあり、昆虫写真にのめり込んでいました。毎日毎日、虫の写真を撮ることばかり考えていました。今思い出すと懐かしい感じもします。 ウスバシロチョウ 【開いた羽の差し渡し】50~60㍉・㍍ 【国内の分布…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

セスジスズメの幼虫

3月24日掲載予定だった昆虫百面相はセスジスズメの幼虫です。 その後顔写真は撮り直して、もっと良い写真がありますが、当時掲載予定だったものです。 セスジスズメの幼虫 【終齢幼虫の体長】約80~85㍉・㍍ 【国内の分布】本州・四国・九州・南西諸島    写真を見て、「あれっ!今日は昆虫の顔ではないの? ヘビの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

昆虫百面相

2011年3月11日、東日本大震災が起こりました。 もう6年も経つのですね。私は専門学校の卒業式が終わって、すぐ自宅に帰り、 家で普段着に着替えた後に大揺れがきました。今まで経験したことのない長い強い揺れでした。 キッチンのテーブルの端に掴まって揺れを堪えていました。 その時見たテレビの、津波が東北地方の海岸を押し寄せる映像…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

昆虫百面相(10)  ハラビロカマキリ

おむすびころりん (タイトル) ハラビロカマキリ 【体長】50~70ミリ 【国内の分布】本州・四国・九州  このカマキリは、腹部が平たく広がっていて、羽の中央に白点があるのが特徴である。幼虫は腹先をピョコンと上に巻き上げているのですぐわかる。  ふつう、カマキリは草むらに多いが、このハラビロカマキリは樹…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昆虫百面相(9) ヒゲナガオトシブミ

首長くして、オスは待つ (タイトル) 「ヒゲナガオトシブミ」 【体長オス12ミリ、メス8ミリ】【国内の分布】日本全土  オトシブミとは「落し文」と書き、昔、恋文や密告など、直接相手に渡しにくい手紙を、さりげなくその人の通る道に目立つように置いといた手紙のことである。  オトシブミは、幼虫を育てるために葉を巻き…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

昆虫百面相(8) キンイロアブ

血ぃ吸うたろうか~ (タイトル) キンイロアブ  【体長】11~13ミリ  【国内の分布】北海道・本州・九州  からだが金色で、目はきれいな緑色をしていて、大変目立つアブである。動物の血を吸う吸血性のアブで、このアブは、とくに人を好んで襲う。  顔はまるで、いかにもというサングラスをかけたヤクザのような感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫百面相(7) オンブバッタ

ネズミ男 (タイトル) オンブバッタ  【翅端まで】♂25ミリ♀42ミリ 【国内の分布】日本全土  草地や人家周辺に普通に見られる小さなバッタである。 体の大きいメスが小さいオスをよくおんぶをしているのでこの名前が付いた。 しかし、オスがメスの背中に乗るのは、バッタの仲間の繁殖期に、普通に見られる行動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫百面相(6) オオチョウバエ

トイレまわりでじ~っと・・・(タイトル) オオチョウバエ   【体長】3~5ミリ   【分布】日本全土  この虫は、よくトイレの壁に止まっているので、不名誉な俗称「便所バエ」と名付けられた。 細かい毛が羽と体をおおう。幼虫は、排水管などにたまった汚泥を食べて育つ。 ハエというより、カに近い仲間である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫百面相(5) トラカミキリ

タイトル  角張った顔「寅さん」似 トラカミキリ   【体長】15~25ミリ   【分布】日本全土  私は「寅さんの映画」が大好きで、よく見る。笑い泣きの連続技にすっかりはまってしまい、ティッシュなしには見ていられない。  このカミキリは、前翅と体に虎のような黒と黄色の模様があるため名付けられた。名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫百面相(4)   ゲンジボタル

メスが「光のラブコール」〈タイトル) ゲンジボタル 【体長】12~18ミリ   【分布】北海道・本州・四国・九州  これはオスで、草の上についた水を飲んでいる。オスは活発に飛んで、メスを探すが、メスは、あまり飛び回らず、草の上に止まり、オスを光のラブコールで呼ぶ。  オスとメスの光り方が違うので、結婚相手を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫百面相(3)  シリアゲムシ

顔より贈り物(タイトル) ヤマトシリアゲ  【前翅長】13~20ミリ  【分布】北海道から九州まで  この虫は、かなりな馬面である。長い馬面の先に口があり、この口で獲物を食べる。 生きた動きののろい幼虫などを捕まえて食べるほか、小動物の死骸、木の実などにも集まる。  シリアゲムシの仲間は、オスが、腹の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昆虫百面相(2)  ハンミョウ

昆虫百面相第2回 「ハンミョウ」 肉食系の顔のこわい虫です。しかし、姿は美しく、足が長くかっこう良いです。好きな虫です。 怖いくらいうつくしい(タイトル) ハンミョウ  【体長】20ミリ内外  【分布】本州・四国・九州    この虫は、めっきり少なくなってしまったが、むかしは、よく里山の山道で出会っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫百面相 連載開始

今年は、肩の怪我などで冬からまったくフィールドに出ることが出来ず、昆虫写真がとれないので悶悶とした日々を送っている。右腕の固定具は取れ、動けるようになったが、重いものは持てず、ストロボを付けた、キヤノンの重いカメラとレンズの接写装置は、まだとても無理です。 やはり、昆虫と毎日目を合わせ、シャッターを押していることが、自分にとって大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more