テーマ:温泉

戸隠森林植物園

また行っちゃいました! 6月3~4日に赤倉観光ホテルに。 もうトチ狂っているとしか言いようがない。 この先どうなるか分からないから、体が元気なうちに、どんどん行けるところに行っておこうということである。ちまちま老後のためにお金を貯め込んでも仕方ないですもんね。何時身動きできなくなるかわからないし・・・ ということで、気…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

水芭蕉の群落

また、赤倉温泉観光ホテルに行って来た。5月14~15日にかけて、1泊温泉旅行。 新緑のころはまだ行ったことがなかった。 今回初日晴天で、二日目もなんとか天気が持って楽しめた。 戸隠の中社近くのいきつけそば屋「横大門」で昼飯。いつもサービスが良く、そばだんごとか漬け物を蕎麦がゆであがる前にだしてくれる。 中社からちょっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

リベンジ赤倉観光ホテル

先日、台風の接近で大慌てで帰らざるをえなかった赤倉観光ホテルに、また行って来た。 今回はリベンジですが、晴天に恵まれ、紅葉も始まっていて最高の景色でした。 初日は戸隠へ。おいしいそばを食べた後、 「小鳥が池」にゆくと、池に白樺の木と紅葉が映っていた。 空が青く、戸隠山も池にきれいに映っていた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

善光寺・赤倉観光ホテル

またまた行ってしまいました赤倉観光ホテル。 じつは、1ヶ月くらい前から予約しました。 最近、週刊誌で紹介されたせいか、人気の宿になってしまったらしく、予約が取りにくくなっている。 予定は9月20~21日。 ところが、台風15号、16号が日本列島をねらい始めた。 予約取り消して、別の日に変えるかとホテルの予…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

那須温泉とセッケイカワゲラ

もう3週間前の、昔の話になってしまいましたが、2月8~9日に那須温泉に行って来ました。 ギックリ腰の療養とリフレッシュを兼ねて。 いつも行く那須温泉「御宿なか田」です。 1日限定4組のおもてなしの宿。部屋も4室しかないですが・・・ http://www.rakudaclub.com/hotels/80318/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また、赤倉温泉赤倉観光ホテル

また行ってきてしまいました。 気にいると、最低季節を変えて、4回は行ってしまう癖があります。 今回は紅葉期待でしたが、紅葉も見られましたが、ちょっと早めだったようです。 今回の部屋は一番端っこで、左側に部屋同士の目隠しがないので景色がよく見えます。 しかも、部屋付き露天とベランダへの出入り口がアコーデオン式の掃き出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤倉観光ホテルと戸隠神社のパワースポット

8月は、むちゃくちゃでござりました。引きこもり状態の毎日、もっとも無茶苦茶暑かったので、どこもでかけられないで正解だったかも知れませんが。 先週、すべてが終わり、やっと一息。赤倉温泉に行って来ました。 新幹線で長野までゆき、トレンタ君でレンタカーを借りて、赤倉温泉へ。 その前に、燕温泉によって、一風呂浴びました。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

谷川温泉別邸仙寿庵

東京から関越高速道路で水上インターで降りて、水上温泉を越えて、 少し行ったところに谷川温泉「別邸仙寿庵」がある。 自然のど真ん中という感じの温泉旅館で、造りが非常に凝っていた。 谷川岳の見える広い庭、ガラス張りの曲面の廊下、京都の土壁・・・とにかく至る所を凝りに凝って作っている感じである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠刈田温泉

遠刈田温泉は、「とおがった温泉」と読みます。 この読みは初めての人には分かりませんね。「えんかりた」「とうかりた」なんて読んでしまいます。 東北新幹線に乗って、白石蔵王で下車。宮城蔵王のふもとにある温泉です。 泊まった旅館は、1万坪の敷地に離れが点在する「だいこんの花」 広大な敷地に点在する離れは、まるで別荘です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州華厳の滝

最近また、大分の長湯温泉に行きました。 ほんと、自分でも好きだな~と思いますけど、好きになると、とことん通い詰める性格なんでしょうね、かみさんも。 いつも泊まる大丸旅館に沿って川が流れています。 芹川という川ですが、清流で、カジカも鳴いています。 なんと、カワセミやヤマセミもやってきます。 前回来たとき、部屋の窓か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白水の滝

長湯温泉2日目、朝起きたら、いやに寒い。 朝風呂につかりに行ったら、ななんと!雪が降っている。(前の日記に写真あり) 予期しなかった、雪見風呂です。 南国大分でも、今頃雪が降るんですね。 熱燗で、雪を見ながら、露天風呂で朝から一杯といきたいところですが、今日はレンタカーで「白水(しらみず)の滝」まで行くので、雪は見るだけにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長湯温泉「大丸旅館」

大分県久住山の近くに長湯温泉がある。 ここの温泉は、その名の通り、長湯していられる、熱くないお湯で、炭酸ガスがたくさん入っている、炭酸泉なのである。 源泉は二つあり、42℃の温かい湯と32℃の低温泉である。 ここは、下の写真のレゾネイトクラブくじゅうという温泉宿に何度か泊まりに来たときに、ここから近いので、いつも寄っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯ヶ島温泉「あせび野」

遅い夏休み、もう秋休みですが、いろいろ忙しくて、なかなか休めないので、 とりあえず、温泉にでも1泊旅行と伊豆の湯ヶ島温泉にゆきました。 山深い、渓流沿いにある旅館で、静かで、温泉も料理もよくて、なかなかよかったです。 団体は一切取りませんし、小さい子連れもお断りだそうです。 個人客ばかりの静かな旅館で、しかも全室露天…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

明礬温泉

大分県の別府温泉から山の方に登って行くと、明礬温泉があります。 小さな縄文時代の小屋みたいなものがたくさん建っていますが、これは、地表から噴出する温泉ガスから、湯ノ花を結晶させるための小屋です。 この湯ノ花は蒸気から析出させたため純度が高い湯ノ花です。 この小屋のある湯の里に日帰り入浴の露天の温泉があります。 出張の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石和温泉「糸柳」

先月の話になりますが、山梨県の石和温泉に行ってきました。 甲府の天道虫農園の手入れに泊まり込みで行くためで、 どうせなら温泉に泊まろうと、石和温泉にしたのでした。 私は、どちらかというと、秘湯と呼ばれる、山の中の一軒家の温泉で、知る人ぞ知るみたいな、さびれた温泉が好きです。 まわりは自然しかなく、温泉街もスマートボールも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

加仁湯

 (加仁湯の玄関です) 栃木県の山奥にある、奥鬼怒温泉の「加仁湯」に行ってきました。 久しぶりの温泉、しかも大好きな、山奥の秘湯。わくわくです。 昔は、1時間半かけて歩いていったということですが、今は旅館の送迎バスが、バスの終点の女夫淵(めおとぶち)まで来てくれます。 車で行ったのですが、車も女夫淵までで、ここに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地獄谷温泉混浴記

やれやれと、目撃者と顔をあわせないで済んだことで、気持ちも落ち着いて、本日は温泉周辺の生物調査。 といっても散策に毛が生えたものですが、自然大好きの人間たちにとっては、山の中の一軒家の宿は黄金郷のような所です。 ちょっと歩いては、おお!珍しい花が! さらに進んでは、なんじゃこの虫は? あっ!今サルがあっちにいた! これ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

地獄谷温泉でトイレの大騒動(2)

 (野生動物研究会のアホバカメンバー、いかにおバカな格好をするかを競争) しばし、呆然としたあと、はっと我にかえりました。 もう、うんちどころの騒ぎではありません。 お尻丸出しの後方1回転アクセスは、着地に成功しましたが、 その結果、彼女とばっちり、顔を合わせることになってしまいました。 己の姿をみると、な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地獄谷温泉でトイレの大騒動

、 お猿が温泉に入るという有名な温泉が、長野の山奥にあります。地獄谷温泉といい、ここに、1軒屋の温泉宿、後楽館があります。 まだそれほど有名になる30年以上も前で、秘湯として、バス停から山道を30分以上歩くところにありました。 今は車が通れる道ができ、宿の近くまでいけますけど、昔は歩くしかありませんでした。ここに、男ばかり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神明の花火

もうひと月も前になってしまうが、8月7日は、山梨県市川大門で毎年8月7日(ハナビ)に開催される花火大会に見に行った。 ここの花火は、とても広い河川敷で行うため、よく見えるし、混んでいないし、花火の質は最高レベルである。いろいろな花火大会を見に行っているが、ここはすごく気に入っている。 この辺に花火工場…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドイツ混浴突入大事件サウナ編

やっと人心地がつき、あたりを見回す余裕ができてきた。 そうだ、温泉の泉質ですが、一つ言い忘れました。そういえば、少し肌がつるりとする感じがしました。アルカリ性なのでしょうか? 全裸の人を、最初は恥ずかしくて、まともに見られなかったし、自分のうまれたままの姿をさらすのも、もっと恥ずかしいと思っていました。 でも、しばらく…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ドイツの混浴突入大事件

ドイツの温泉しかも混浴という驚くべき経験の話をします。 長いので、しばらくの我慢ですが・・・ 温泉大好き人間でも、海外の温泉にまでは、なかなか行く機会がないのではと思います。それが、突然チャンスが巡ってきたのです。 もう10年ぐらい前の話ですが、ドイツのフランクフルトでの世界最大のブックフェアに出張に行ったときです。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more