ツマグロヒョウモンとセミヤドリガ

先日、近所の散歩中に、ツマグロヒョウモンの幼虫が、わが行く先をさえぎるようにモクモク歩いていた。 捉まえてご覧!というような感じだったので、さっそくお持ち帰り。終齢で蛹になる場所を探していたようだ。 飼育ケースに入れると、すぐに糸をかがりだし、尾端をくっつけて、逆さにぶら下がった。 蛹化はいつになるのかと机の上に置き、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはりサザナミスズメか??

シモフリスズメかと思って飼っていたイモムシが蛹化した。 ところが驚いたことに、その蛹を見ると、シモフリスズメの蛹にある、特徴のある小腮環(クチバシになるところが環のように飛び出している)が全くない。 前蛹が脱皮した直後で、まだ胸の方が緑色している。 完全に色が変わり蛹となった。 この二つを見ても特徴的な小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シモフリスズメの幼虫

今、ある事情で、家を空けられない。 昆虫撮影に遠出できないため、うつうつとして、近所をぶらつくくらい。 そんな散歩中、シモフリスズメの幼虫を生け垣で発見。 いつも持ち歩いているTG-4で激写?! すこしだけ気が晴れた。 とにかくイモムシを探すときは、地面をまず見ます。 地面に巨大なウンチが転がっていたら、そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こんな簡単な体操で膝痛が治った!!

7月の始めに膝痛がひどくなった話を書いた。 http://tnntohmusi.at.webry.info/201507/article_1.html 整形外科でヒアルロン酸(コンドロイチンは間違いでした)を注射してもらい、痛みが消えたのだが、またすぐに痛みが復活し、都合3回注射を打ってもらった。 最初に打った注射は4…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニホンミツバチの飼育

農園の仲間Tさんが今年の6月始めに、ニホンミツバチの飼育を始めた。 最初は、巣の設置場所を仮として、トイレの裏に置き、その後自分の区画に移動した。 これが、ハチに混乱を起こさしたみたいで、巣箱を移動した後もトイレ周辺に戻るハチがおおく、蜂球ができるほどだった。 Tさんはてっきり、移動した巣の場所をいやがり、新しい巣を探し始…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ウラギンシジミが羽化した

先日、チアーガールを撮影したウラギンシジミの幼虫が蛹になり、そして昨日羽化した。 机の前に飼育ケースに入れて置いといたのだが、いつの間にか羽化していた。 羽化の瞬間などは撮れなかった。 顔のアップを撮らしてもらって、逃がしてやった。 いずれも、何枚か撮って、HeliconFocusのソフトで深度合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アシナガオニゾウムシ

今年は、3月末に肩の手術をし、その後は右腕固定の生活を強いられ、5月に固定具が取れた後も右手に力を入れすぎるなといわれ、遠出も出来ず、悶悶とした日々を送っている。 とにかく1年のうち昆虫撮影に大切な時期を無為に過ごしてしまった。いや過ごさざるえなかった。 ですので、昨年に撮った写真など紹介してゆきます。昆虫百面相はあまり人気…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

カミナリ撮った!

先日、西の空に巨大な黒雲のかたまりがあって、そこでピカピカ。 こちらに来そうもないので、三脚を構えて、カミナリ撮影。 何時もは、びくびくしながら撮っているのだが、今日のはこちらの方に来る予定はないみたいなので、安心して撮った。 絞りをF16くらいにして、ISOは400、70~300ミリの望遠レンズをつけてねらった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

囲碁部合宿

8月3~4日、囲碁部の合宿で湯河原1泊で行ってきた。 毎年夏にやる合宿で、宿に着いてから直ぐ始まり、夕食後も対局し、帰りの時間ぎりぎりまでやって、もう2日間、囲碁狂いに徹する。これがまた楽しいですね。私は弱いけど、囲碁は面白いです。 私は、このところ8月中旬までに家の片付けをしなくてはならず、この暑さの中、毎日汗びっしょりに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

縄文の旅

縄文のビーナス 仮面の女神 これらの作品は誰のものと思いますか? 私は今度の旅でいろいろショックを受けました。その一つが、これらの作品です。 これらが、私たちの遠いご先祖の縄文時代の人たちが作ったものなのです。 小学校の社会科で縄文時代、弥生時代など習ったことがありますが、縄文時代は素朴な?幼稚な?…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

美しい夕焼けとアリジゴク

20日の夕焼けはきれいだった。夕焼けの翌日は晴れ、今日もかんかん照り、暑い!!    先日旅行に行ったときに、採集したアリジゴクのえさに、近所にアリを捕りに行った。しかし、アリもずいぶん減ってしまったように思う。我が家のとおりのゴミ集積場所にクロヤマアリが毎年巣を作っていたが、今はカラスよけのゴミかごのせいか、まずカラスが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レインボーブリッジ

昨日、農場に作物を採りに行った。現地に4時頃着いて、収穫と雑草取り。 今日もヒアルロン酸を膝に打ってもらって来た。先週の土曜日に打ったので、1週間ぶり。 注射を打つ間隔が開いていってくれると良いのだが・・・この注射はほんとうによく効く。注射を打って直ぐに痛みが消える。 農場はスイカがけっこう大きくなり出している。大小混…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

泉の森

6月28日にまんゆう会があった。梅雨のこの時期、実施日の決定、延期が難しい。 最初は6月27日の予定がこの日は確実に雨のため、7月のはじめに延期、ところが週間天気予報では7月の初めは雨にかわった。 そして、当初、雨だった28日は曇り時々晴れということになり、急遽、28日に実施という、ネコの目のように予定の変更でたいへんだった…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

今度は膝だ!?

このところなにかとバタバタしています。いろいろ断捨離決行中で押し入れなど全面整理中。 IP電話をアナログに変える工事をしたため、ネットのセット仕直しで1日中、NTTとプロバイダーに電話していた。 そして、差し込みのミスでネットが使えなくなり、これもなおすのにまた1日がかり・・・なにか疲れてしまった。 今日(7/6)、膝…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

品川宿探訪

6月25日OB会の写真部の撮影会があった。 場所は品川宿。江戸時代江戸を出発して最初の宿が品川宿だ。旧東海道沿いにその周辺を散策。 むかしの品川宿。 集合はりんかい線「天王寺アイル駅」改札口。この駅周辺は高層ビル群が立ち上がっていて、未来都市みたいだ。 それに対する古い品川 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

昆虫百面相(10)  ハラビロカマキリ

おむすびころりん (タイトル) ハラビロカマキリ 【体長】50~70ミリ 【国内の分布】本州・四国・九州  このカマキリは、腹部が平たく広がっていて、羽の中央に白点があるのが特徴である。幼虫は腹先をピョコンと上に巻き上げているのですぐわかる。  ふつう、カマキリは草むらに多いが、このハラビロカマキリは樹…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昆虫百面相(9) ヒゲナガオトシブミ

首長くして、オスは待つ (タイトル) 「ヒゲナガオトシブミ」 【体長オス12ミリ、メス8ミリ】【国内の分布】日本全土  オトシブミとは「落し文」と書き、昔、恋文や密告など、直接相手に渡しにくい手紙を、さりげなくその人の通る道に目立つように置いといた手紙のことである。  オトシブミは、幼虫を育てるために葉を巻き…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

昆虫百面相(8) キンイロアブ

血ぃ吸うたろうか~ (タイトル) キンイロアブ  【体長】11~13ミリ  【国内の分布】北海道・本州・九州  からだが金色で、目はきれいな緑色をしていて、大変目立つアブである。動物の血を吸う吸血性のアブで、このアブは、とくに人を好んで襲う。  顔はまるで、いかにもというサングラスをかけたヤクザのような感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫百面相(7) オンブバッタ

ネズミ男 (タイトル) オンブバッタ  【翅端まで】♂25ミリ♀42ミリ 【国内の分布】日本全土  草地や人家周辺に普通に見られる小さなバッタである。 体の大きいメスが小さいオスをよくおんぶをしているのでこの名前が付いた。 しかし、オスがメスの背中に乗るのは、バッタの仲間の繁殖期に、普通に見られる行動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫百面相(6) オオチョウバエ

トイレまわりでじ~っと・・・(タイトル) オオチョウバエ   【体長】3~5ミリ   【分布】日本全土  この虫は、よくトイレの壁に止まっているので、不名誉な俗称「便所バエ」と名付けられた。 細かい毛が羽と体をおおう。幼虫は、排水管などにたまった汚泥を食べて育つ。 ハエというより、カに近い仲間である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫百面相(5) トラカミキリ

タイトル  角張った顔「寅さん」似 トラカミキリ   【体長】15~25ミリ   【分布】日本全土  私は「寅さんの映画」が大好きで、よく見る。笑い泣きの連続技にすっかりはまってしまい、ティッシュなしには見ていられない。  このカミキリは、前翅と体に虎のような黒と黄色の模様があるため名付けられた。名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫百面相(4)   ゲンジボタル

メスが「光のラブコール」〈タイトル) ゲンジボタル 【体長】12~18ミリ   【分布】北海道・本州・四国・九州  これはオスで、草の上についた水を飲んでいる。オスは活発に飛んで、メスを探すが、メスは、あまり飛び回らず、草の上に止まり、オスを光のラブコールで呼ぶ。  オスとメスの光り方が違うので、結婚相手を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫百面相(3)  シリアゲムシ

顔より贈り物(タイトル) ヤマトシリアゲ  【前翅長】13~20ミリ  【分布】北海道から九州まで  この虫は、かなりな馬面である。長い馬面の先に口があり、この口で獲物を食べる。 生きた動きののろい幼虫などを捕まえて食べるほか、小動物の死骸、木の実などにも集まる。  シリアゲムシの仲間は、オスが、腹の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昆虫百面相(2)  ハンミョウ

昆虫百面相第2回 「ハンミョウ」 肉食系の顔のこわい虫です。しかし、姿は美しく、足が長くかっこう良いです。好きな虫です。 怖いくらいうつくしい(タイトル) ハンミョウ  【体長】20ミリ内外  【分布】本州・四国・九州    この虫は、めっきり少なくなってしまったが、むかしは、よく里山の山道で出会っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫百面相 連載開始

今年は、肩の怪我などで冬からまったくフィールドに出ることが出来ず、昆虫写真がとれないので悶悶とした日々を送っている。右腕の固定具は取れ、動けるようになったが、重いものは持てず、ストロボを付けた、キヤノンの重いカメラとレンズの接写装置は、まだとても無理です。 やはり、昆虫と毎日目を合わせ、シャッターを押していることが、自分にとって大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

恐怖のMRI

6月15日、今日は病院の検査。肩の患部のMRIを撮って、腱板のくっつき具合を見る。 今日で術後、約12週たった。リハビリも少し負荷をかけてやるようになり、筋力も少しだけ復活しつつあるように思う。 しかし、あのMRIはなんであんなにうるさくて、狭苦しいのだろう?? もっと何とかならないのですかね。 「閉所恐怖症ではあり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スイカが出来てきた

6月9日に農園に行って来ました。10日ぶりです。やはり雑草を完全に取れなかったこと、サトイモなどを植えてないことなど気になっていたので。 農園には3時頃着いた。お隣の I さんご夫婦が作業していた。農場で会うのは初めてです。 ここから近いと言うことで週に3回は来ているとのこと、近いと良いな~うらやましいです。 私は高速乗っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

月刊むしに載りました

月刊むし6月号に載った随筆「今月のむし」を公開します。 興味ありましたら読んでください。 写真では文字が読みにくいので、文章を下に再掲いたします。 アカハネナガウンカ  私が昆虫写真、しかも昆虫の顔写真にのめり込むきっかけとなった昆虫がアカハネナガウンカである。武蔵五日市駅近くの横沢入という里山に昆虫写真…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

メスグロヒョウモン羽化

赤倉観光ホテルに行った帰り、棚田巡りをしたが、その時見つけた蛹を持って帰った。 羽化の写真が撮れたら・・・とおもって。 きのう気がついたら羽化が終わっていた。 飼育ケースの中で羽化が完了して、翅もしっかり伸びきっていた。 外に出して木の葉に止めようとしたが飛んで逃げて、麦わらの所に静止。 そっと近づいて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鷹取山(まんゆう会)

6月4日(木)まんゆう会で追浜のほうの「鷹取山」ハイキングに行った。 10時50分追浜駅集合。参加人数5人 私はまんゆう会は久しぶりである。最初の予定は3日だったが、雨のため4日に延期になった。 肩の痛みは治まってきたが、こんどは膝が痛い。ちょっと足を引きずる感じで歩いた。 もう歳をとると、つぎつぎどこか悪くなる感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more