クロメンガタスズメ羽化

昨日5月2日に飼っていたクロメンガタスズメの蛹が羽化した。

幼虫は昨年の夏に畑のナスに付いていたのを発見。

さっそくお持ち帰りにしてガラスの水槽に入れてかっていた。

画像


画像


成虫は巨大なスズメガで、前胸背面に髑髏のような模様があるので有名である。
この写真は撮ったことがないので、大切の育てて、成虫の髑髏を撮りたいと思っていた。

画像

夏の終わりには、土に潜って、大形の蛹になった。

そして、一昨日に羽化した。成虫も大きく、全体に黒く、そして前胸背面に髑髏の模様があった。
画像


画像


画像

やっと念願の髑髏仮面の蛾の撮影に成功。1年がかりの仕事でした。
しかし、この髑髏の面の周りには黒マントのような模様があり、髑髏のような模様の口のあたりには赤い血のような色が・・・なんとも不気味な蛾ではある。この蛾を見ると、なにか不吉なことが起こるとか??

冗談はさておいて、なかなか出会えない蛾を育てながら撮るということもやはり必要ではありますね。
大変ですが。

"クロメンガタスズメ羽化" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント