白水ダム

長湯温泉の正月湯治旅行の2日目は竹田の方面にいった。

もう、がつがつしないで、のんびり時間をつぶす感じでしたが、「白水ダム」を見たいということで、行きました。

しかし、ここは、すごい山の中で、途中で道を間違ったか?と思うような標識も少ない狭い道です。

画像


ところで、この写真は何かわかりますか?



だんだん引いてゆくと・・・


画像




画像



白水ダムの水の流れなんです。

白水ダムは、昭和13年、ため池として作られたそうで、コンクリートダムではなく、石を積み上げてつくった、石垣ダムなのです。

水の流れがじつに芸術的で、美しく、しばし、見とれてしまいました。
「溜池の女王」とも呼ばれているそうです。個人的な意見ですが、もっと良い名前を付けて欲しいな。
例えば、「水のレースをまとった女王」とか、「美しいダムの妖精」とかな~

画像


なんでこんなに流れが美しくなるのか?すごく不思議な感じがしました。
石積みをいろいろ工夫して作ったのでしょうね。
名工が当時はたくさんいたのだと思います。


画像


もっと交通の便の良いところにあったら、観光客がおしかけるでしょうね。あまりに山の中で道の悪いところにあるので、来る人もすくないようです。

画像


今日は、このダムだけで満足。急いで宿に戻り、また炭酸泉に浸かって、食事して、早寝して・・・
湯治っていいもんですね。1週間ぐらいいたらふぬけになりそうな気がしました。

"白水ダム" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント