アジサイの本土寺で撮影会

6月7日(金)に写真部の撮影ツアーがあった。
久しぶりの撮影ツアーは、千葉県松戸市の本土寺。

今日は朝から曇りで、なんとか昼までは降らないで済みそうという天気予報。
雨の中のアジサイも味わいがあるということで、雨が降るかもしれないが、ツアー決定。

画像

本土寺はJR常磐線の「北小金」駅から歩いて10分もかからない。
巨大なケヤキの並木を歩いて、本土寺に着いた。

画像

本土寺の入り口に立派な仁王門があった。「長谷山」という扁額が飾られている。
朱色の高楼に、新緑のモミジがはえる。

画像

仁王門を入ると、左手に五重塔が見える。ここの階段で全員集合写真を撮った。

そして、12時30分まで自由行動。
最初は、わずかな雨脚だったが、だんだん本格的に降り出してきた。

アジサイに雨が似合うと言うが、ちょっと降りすぎではないかい! 
しかたなく傘を差しながらの撮影となった。

画像

アジサイの花はまだこれからという感じ。完全には咲ききっていない。

画像

赤いアジサイもきれいではあるが、人でいえば、中学生くらいか?

画像

このへんは、ほぼ満開かな。

画像

石塔とアジサイは絵になるが・・・

画像

菖蒲が咲く池もあるが、まだ菖蒲は咲いていない。

画像

大きく立派な本堂には3つの鐘が並んでいた。

画像

アジサイの背景に竹林があったが、まあ写真的には・・・面白くないか?

しかし、雨は止むどころか少し強くなってきて、買ったばかりのカメラが濡れてしまわないか心配で思い切り写真が撮れない。
まあこんなこともたまにはある。雨の日のアジサイが撮れたことで満足すべきかも。

こうして、撮影会は終わり、近くの食彩「花菖蒲」という店で昼食をし、解散となった。
この店のお任せメニューだったが、もりそばと天ぷらのあと、にぎり寿司も出てきた。
これで2000円は安いね。

久しぶりの撮影会は雨にたたれたが、このところ日照り気味だったので、
この雨で、アジサイは生き生きとしてきた感じ。いろいろなアジサイも撮れたので満足としよう。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック