「銚子鉄道」撮影紀行

4月3日に写真部の「鉄道研究小部会」の撮影ツアーに参加した。
総勢7人、「七人の侍」というか「七人の老鉄ちゃん」の撮影記である。

東京駅の総武線ホーム、朝7時45分発の先頭車両に集合。
乗り換え案内をみると、家を6時半には出ないと間に合わない。

最近は、7時頃起きるのが習わしになっているので、目覚まし時計を久しぶりに使った。
東京駅まで順調に行き、みんなと合流。総武線普通電車に乗り、千葉へ。
画像


千葉で乗り換え、銚子へ。
銚子から犬吠に向かう。
画像

この車両は、2000形で、京王線に使われていたモノだそうです。

画像

運転席。

画像

なんじゃこりゃ~? 赤い風船でできた犬が座席を占領していた。

画像

若い女性の車掌さんがいた。う~~ん、かわいい!

画像

犬吠駅に着いて、灯台を見学に行った。

画像

灯台の近くの道に行き倒れが?? 
これは仲間の人が灯台をバックに全員集合写真を撮っているところです。
灯台を全部入れたいため下の方からねらっています。

画像

立派な灯台だ。しかし、観光客は少ない。

画像

電波塔か? 先端に太陽を入れて撮ってみた。

画像

灯台近くに資料館があり、灯台に使われている電灯が展示してあった。

画像

灯台の手前に、閉鎖された、マリンパークという水族館のようなものがあったが、最近?閉鎖されたらしい。
入り口に恐竜が卵から孵化するところの作り物があった。
なにか、閉鎖されたパークの寂れた風景を悲しんでいるようにも感じられた。

画像

犬吠埼から終点の外川へ。銚子電鉄は全部で10駅しかないのですね。
犬吠駅で、「ぬれせんべい」と「まずい棒」をお土産に購入。

画像

灯台近くの海は真っ青。地球は丸かった。
魚露目8号のレンズで撮ると、魚眼レンズよりも広い範囲が写るように思える。

画像

外川には使われなくなった車両が展示されていた。

画像

車体には807と言う数字が書かれていた。

画像

菜の花を快晴の青空を背景にパチリ。

画像

展示されている車両の線路の先は、草に隠れて、消えている。

昼食は「観音」駅から歩いて、銚子漁港のレストラン。いろいろな魚の刺身がてんこ盛りのどんぶりを食った。
うまかったです。

画像

銚子漁港

昼食後、銚子に戻り、総武本線で帰路についた。
面白かったですよ。ぜひ興味のある方は行ってみてください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック