春日大社の節分万燈籠と二月堂

2月3~4日奈良に行って来た。春日大社の節分万燈籠を見に行ってきた。

春日大社には石燈籠2000基、釣燈籠1000基の全部で3000基の燈籠がある。
これを、節分の日(2月3日)とお彼岸(8月14・15日)の年に2回灯を入れるのである。

これはかなり美しい光景で、珍しい。
画像

春日大社には5時半頃到着。18時点灯とあったが、もう石灯籠には灯が点いていた。

画像

石燈籠の間から鹿が顔を出していた。

画像


画像

点灯した石灯籠はなかなか風情がある。

画像

釣燈籠がたくさんある、神殿を目指して、人の群れが続く。

画像

神殿入り口にやっとたどり着く。

画像

神殿の灯が灯った釣燈籠は、神殿の赤い壁や柱と調和して、美しい光景が出現する。
夢中で写真を撮るが、三脚がダメ、「立ち止まって撮影しないでください!」という声で、焦って取る。
カメラはオートにして、とにかく手持ちで素早くシャッターを押して、群れの流れに沿って歩く。

画像


画像


画像

釣燈籠には、いろいろな絵が入っていて、それを見て行くのも面白い。

写真を撮りながらの見学で、慌ただしかったが、幻想的な雰囲気を堪能した。
滅多に見られない、日本の風景はなかなか良いものです。来て良かった。

神殿の釣燈籠を見終わったのが19時30分ごろ、点灯は20時までということである。
地図を見ると、ここから二月堂まで900mで歩いて20分くらいとのことで、見にゆくことにした。

二月堂も釣燈籠などを点灯していて、きれいだということをホテルのコンシェルジェに聞いたので行ってみることにした。

若草山の裾野を超えて、二月堂へ歩いて行ったが、寒いし、暗いし、人がいないし、疲れてきたので、ちょっと滅入った。

これが物騒な外国だったら、確実に強盗などにやられていますね。下手したら命も危ないでしょう。
日本で良かったです。20時ごろやっと二月堂に着いた。

画像

展望台には灯籠が点いている。

画像

大きな提灯?が並んでいる。

画像

これらの明かりは、とくに節分だから点いているのではない。毎晩点いているようだ。

とにかく人がいない。我々だけかと思ったら、女性が一人いた。
画像

展望台の釣燈籠もきれいだ。

画像

さらに、展望台の夜景は最高にきれいだ。東大寺の屋根がはっきり写る。

画像

二月堂と長い階段の間に東大寺が見えた。

画像

二月堂に通じる坂道は、タイムスリップしたような雰囲気で、侍が刀を下げて向こうから来そうな感じである。
良い雰囲気である。夜なのでますます昔に戻ったような感じがする。

二月堂が「お水取り」で有名であるが、普通の日の夜の二月堂は、すごく雰囲気が良くて素敵である。
あまり紹介されていないのかな? 観光客が来ても良いのにな~?
ロマンチックで、デートには最高なのに・・・・

老夫婦でウロウロしても、施設から逃げ出して、徘徊しているようにしか見えないでしょうね?

奈良は、夜、店を閉めるのが早すぎるのです。若草山などのお土産屋などは、全てシャッターを閉めています。
夜は早いところで6時には店を閉めてしまうそうで、7時には真っ暗になるそうです。
奈良の人は早寝なんですね。

画像

翌日の朝食は、ホテルは止めて、わざわざ、ならまちまで行って食べた。
昔からの日本の朝食という感じのレストランで、美味しかったですよ。

画像

その後、興福寺、猿沢の池など見て、ならまちをぶらぶら。

画像

猫グッズの店もあった。

奈良の人たちはすごく親切で、バスの中で地図を広げていたりすると、「どこにゆくのですか?」と声をかけてくれて、詳しく教えてくれる。町を歩いていて尋ねても、嫌な顔一つしないで親切に応えてくれる。

京都や大阪に比べて田舎だとかいわれているが、日本人のよいところをたくさん残している人が町にあふれている感じでした。
京都の一見さんお断りや、気取った高い店などでいやな思いをしたことに比べると、奈良はほんとうに良いところですよ。

夕方、奈良から近鉄に乗り、京都に戻って新幹線で帰った。いやー面白かったです。

家に帰って。メールを見たら、2月3日に友人が亡くなったという通知があった。
驚きと同時に、友人がどんどん減って行くのをせつなく、淋しいとかんじた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック