高円寺の阿波踊り

8月27日(日)高円寺の阿波踊りを見に行った。昨日からの2日間、中央線高円寺駅の商店街で行われる。
2日間で100万人を超す人出だそうだ。

この祭りは昭和32年に始まり、最初は「高円寺ばか踊り」と白塗り化粧をして、独自色を出そうとしたが、やはり阿波踊りには及びも付かず、3年後は、徳島県人会の門をたたき、本物の阿波踊りに変更した。
そして、高円寺の阿波踊りとして、60年地域を結ぶお祭りとして発展した。

私は、9年前に徳島の本場の阿波踊りを見に行った。
画像

町中至る所で踊っているのである。もう熱狂そのもので、すごいです!踊り狂っている感じで、熱狂どのスケールがおおきい。
画像

これは設定された、観光客用の会場で、有名な連が次々現れる。それも凄い人数だ!
画像

フィナーレでは、出場者全員が集まって行進。とにかく熱気ムンムンでホントすごいと思いました。

高円寺も、60年経った今では本場の阿波には敵わないが、それなりにかなりすごい。
画像


広い駅前の通りより、狭い商店街を選んでみた。
通りが狭いだけに人があふれ、踊り手が間近でみられ、迫力があった。
画像


画像


画像

こどももたくさん参加して、将来の踊り手になりそうである。

画像


画像


画像

お姉さんたちも、かっこういい!
画像

いや~、すごい人で、狭い商店街は密着感があって、けっこう迫力があります。
本場徳島とは違って、間近に見えるので観客との一体感もあるように感じた。面白かったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

コフキコガネ
2017年08月30日 03:07
私も日曜日に行きました。買い物の途中、寄りました。この近くに住んでおりますので。
3年くらい前や、始まった頃も行きました。
菅笠を被った女踊りの人数が昔の半分になっていましたので寂しいなあと思いました。
昔は迫力ある奴踊りに惹かれていましたが、女踊りの人数が減ったのをみると、静と動、バランスがとれていた方が美しいかと思いました。パル商店街でも踊ってたので、一緒に後ろについて行進できました。間近すぎるところの太鼓の音が体に響いて苦しかったです。
玉虫
2017年08月30日 10:45
えっ!そうなんですか。高円寺の阿波踊りの歴史を見ているのですね。たしかの女性の参加が少ないように感じました。連によっては人数が少なく淋しい連もいましたね。そうあの太鼓の音はお腹に響きますね。

この記事へのトラックバック