レンゲショウマ撮影記

8月21日月曜日、奥多摩の御岳山に行って来ました。
今が盛りのレンゲショウマの花を撮るためです。
家から3時間半もかけて、奥多摩線で「御嶽」で下り、バス、ケーブルカーに乗って
御岳山駅に着きます。

奥多摩線の電車はドアが自動で開かないのです。自分でドアのボタンを押して開けないとでられないのです。電車のドアは自動で開くものと思って長年暮らしていたので、大変戸惑いました。あやうく御嶽で降り損なう所でした。

画像

ケーブルカー(往復1110円)

画像

凄い傾斜です。

画像

線路の真ん中にケーブルがみえます。
あれ!ケーブルカーの写真を昔はこんなに撮らなかったのですが・・・どうも鉄ちゃんの影響ですね。
珍しい電車を見つけるとつい撮りまくったりします。

画像

家を朝8時に出てここに着いたのが11時過ぎ、なんと霧が出ていて暗い。
レンゲショウマのあるところに行くと、おおお!咲いている咲いている。
撮影に来ている人も結構います。構図の良い花を見つけるとモデル撮影会みたいに人が集まります。

このところの長雨のせいで花の時期が遅れているのだそうです。まだつぼみの方が多い感じ。
盛りは来週にずれ込んでいる感じ。例年の花の盛りは8月中旬だそうです。

画像


画像

三輪が並んで咲いていた。これは人気があり、撮る人が並んでいた。

いずれにしても道の両側にロープが張ってあり、ロープぎりぎりに寄って撮影する。
道から離れている所にある花は、望遠で撮るしかない。私は安い150ミリまでのズームしかもっていないので中の方に良い花があってもうまく撮れない。

画像

クモの糸に霧が付き、レースのドレスをまとっているようにも見えます。

画像

この薄紫のところがなんとも言えず美しい。私がこの花に惚れたのはこの薄紫です。
清楚で、気品があり、控えめに下を向き、その美しさをちらっとしか見せないのです。

女性のスカートのぞきには興味ありませんが、この花の下から覗く写真は絶品です。
あまりにも清楚なので、「写真を撮るたびに、どうも失礼します!」と声を掛けてしまう?

画像


画像


クモの糸も霧の細かい水滴が付き、凄くきれいなんです。
画像


画像


一度行きたいと思っていた御岳山のレンゲショウマの群生地。
急な斜面の所をいったりきたり、ひたすら、花を一杯撮りましたが、疲れました。

なんと、2時頃まで昼飯も食べずに撮影に没頭しました。
昆虫の写真も撮りたかったが、花に集中した。虫はこれだけ。ハバチの幼虫で種名は調べていない。

画像


いやー良いものを見させて頂きました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック