富岡八幡の例大祭(深川八幡祭り)

8月13日(日)富岡八幡例大祭を見に行ってきた。
東京の三大祭り(江戸三大祭)日枝神社の「山王祭」、神田明神の「神田祭」と並ぶ祭りの一つで、3年に1回行われる本祭りは規模が大きい。大小120数基の町神輿が江東区の町内を練り歩く。

画像

広い永代通りは完全通行止め、道路の半分は見物の人で埋め尽くされる。

画像

この暑いさなかに行われるので、担ぎ手にお清めとして沿道の人たちが水を掛けてやる。熱中症予防にもなる?
このため、別名「水掛け祭」ともよばれ、近年は、消防車の消火栓からのホースによる放水や、大型トラックの荷台にブルーシートをかぶせて、水をたっぷりためで、10人くらいでバケツで水を掛けるということもやっています。

画像

消防ホースでの水掛。

画像

トラックの荷台からの水掛。

画像


画像


可愛いのは、小さい子の水遊び感覚で、砂遊びで使うオモチャのバケツや水鉄砲で水を掛けています。
普通なら、大人に水を掛けると怒られるのですが、この日は喜ばれるので、こどもたちも大はしゃぎで水を掛けまくっています。

子どもはコントロールが悪く、そばで写真を撮っているとまともに水を掛けられて、カメラが水浸しになる事もあります(私もやられました)。

画像

やはり迫力あるのは、トラックの荷台から一斉に神輿に水を掛けるシーンですね。
ですからこの辺はカメラマンが押すな押すなです。

画像


朝7時半に先頭の神輿が出発して、全部出るのは9時頃になる。江東区の町内を1周するのだが、昼食の休憩をとって、先頭が帰ってくるのが午後1時、最後の神輿が戻るのが午後3時半である。

画像

イヌ3頭が行列に参加していました。なにか暑そうでばて気味でした。
楽しいというよりも、苦しそうでしたね。

画像


画像


画像

女性だけの女神輿も2台見ました。女性は元気です!

興奮して?撮りすぎました。

しかし、重そうな神輿を交替しながら6時間も掛けて担いでいるのですから大変ですね。

画像

後ろ姿もかっこういい。「清澄」と書かれた赤い文字がきれいでした。

写真を撮るのに夢中で、あっという間に時間が経ってしまいました。膝が痛いのも、
忘れて、あっちに行ったり、こっちにったり、けっこう忙しかったです。こちらにも水を掛けてもらいたいくらい大汗をかきました。

でもみんな楽しそうでした。お祭りって、いいな~!!

つぎの三年後は、オリンピックではないですか!いっそう盛り上がるかもしれませんね。
外国人の見物人も結構いましたよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック