機関車撮影会

写真部の鉄道部会の撮影会があった。

東京のJRの線路を走る機関車、貨物列車の撮影会である。

貨物列車専用の時刻表というのがあるのですね。
その時刻表に合わせて、駅のホームから通り行く貨物列車を撮影するのです。

機関車撮影ガイド本もあって、そこには、時刻表のほかに、ホームの撮影ポイントがはいっているのです。
7人のサムライが集まりましたが、私が一番なり立ての鉄ちゃんで、他の方はそうそうたる経歴の持ち主です。

中央線から、西国分寺、府中本町のホームで機関車が通るのを待ちます。
画像

待っていると、ズンズンズンという感じで、機関車が突然現れ、貨物列車をひいて、ゴーッという感じで通り過ぎます。こういう機関車の撮影になれていないので、おたおたしているうちに通り過ぎてしまいます。

連写で撮れば良いのに、いちいちシャッターを押して、1枚づつ撮ったりしました。
武蔵野線、南部線などふつうの通勤電車が走っている線路を貨物列車が走ってゆきます。
いわゆる、「JR貨物」ですね。

鉄道に詳しい方に聞いたら、JR貨物もコンテナ輸送などにトラックより大量に運べることもあって、復活してきているそうです。
画像

ホームで間近に撮ると迫力あります。

画像

これはガソリンタンク車を引いています。なにか音が軽い感じがしたのですが、すかさず、専門家がこれはタンクが空なんですよ。そうか。

やはり、1両10トンちかくある貨物列車をいくつも引いているときは、隣の駅からその音が聞こえるそうで
す。

画像


画像

ただ10分とか20分とか待ち時間があり、ホームで立ちっぱなしで待つという、そのへんが疲れますね。

画像

そんなときは、ホームの親子とか、

画像

始発電車が待っているところとか、

画像

碍子が複雑に絡まっているところとか、

画像

電車の記号とか、

もうめにつく不思議なものを撮っていました。鉄ちゃんの先輩たちは、そんなもの撮ってどうするの?という顔をしていましたが、初心者には不思議なものが一杯ありました。

ある程度撮って、12時頃引き上げました。虫ばかり撮っている毎日に変化が付くようになりました。
7月には秋田のローカル線の旅に出ますが、温泉アリのところで楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック