アカボシゴマダラその後(6)とミツバチ

久しぶりに、例のアカボシゴマダラの幼虫を見に行って来た。

全部で5頭見つかったが、エノキの根際にいたのが、少し上の方に3頭が移動していた。

また、全身緑色だったのが、ちょっと茶色くなってきていた。

エノキの葉が芽生える頃は、新芽と似たアカっぽい色に変わるらしい。

画像

根際から少し上がったところにいたもの。

画像

ちょっと小型の幼虫であるが、かなり上の方まで上がってきている。

画像

相変わらず、寝際にいるもの。

画像

同じく根際近くにいるもの。

画像

根際よりちょっとだけ上に。

残りの幼虫は地面に下りて、まだ落ち葉の中らしい。
植え込みの中なので、下の落ち葉を探すことはままならない。
もう少し暖かくなると、木に登り出すのであろう。

画像


最後にムラサキハナナにミツバチが飛んできていた。連写の自然光でねらったら結構よく写っていた。
翅は写らない。フラッシュをたけば翅は止まって写るのだろうと思う。

写真は、いずれもオリンパスのTG4で撮影。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かめむし
2017年03月21日 07:39
いたいた!結局幼虫のままであの厳しい冬を越したんですね。もうすぐ蛹になるのかな。
想う所はあるけれど、小さな命に罪はないのですよね。
引き続きレポートを期待しておりますが、無理をされないようにお願いします。
そうそう、そろそろソメイヨシノが開花している場所もあるようですね。
玉虫
2017年03月23日 10:55
ちょっと来週から入院生活ですので、また娑婆に戻ったら見に行ってみます。花見の頃はベッドの中です。
かめむし
2017年03月24日 07:06
詳しい事情は存じませんが、お大事にしてください。

この記事へのトラックバック