赤穂城、島巡り、備前

翌日、宿の隣にある伊和都比売神社(いわつひめじんじゃ)をお参り。

画像

しかし、この名前は何なんだろうか?

画像

阿吽の阿の狛犬

画像

阿吽の吽の狛犬

狛犬にも阿吽があるのですね。いつも撮るのは子どもや玉を押さえている狛犬が多かったが・・・

大石神社にも言ってみた。ここの狛犬は大笑いしている感じ、しかし日本全国狛犬はみんな違いますね。
画像

両方とも同じ大笑いタイプ?であった。

参道に四十七士の石像が建っていた。私は歌舞伎で美化された浅野内匠頭と四十七士はあまり好きではない。
吉良上野介は名君で地元では尊敬されているし、善政を施した優秀な人物だったと聞いている。浅野内匠頭にいろいろ問題があったのでは?とも言われている。

厄払いを兼ねて、水に溶けるおみくじを買って、〇のなかに病と書いて水に入れて溶かした。
これで、病は消えてくれれば良いが・・・

画像

このあと近くの赤穂城見学。再現された城らしく、石垣の石が真新しい。

画像

本丸は再建されていない、また城内もここに何があった、あれがあった、というプレートがたくさん埋め込んであるだけだった。

鹿久居島へ橋を渡って走った。このはしの両側にカキの筏がきれいに並んでいる。
画像


この島の向かい側に、バブル期に建てられたという別荘群があった。
画像

この別荘は、空き家が多く、現在中国人が買いまくっているという話も聞いた。
中国は日本中を買いまくっている感じですね。

このあと、備前に行って窯元などの店を何軒か見て歩いた。
備前焼は渋くていいですね。ちょっと高いけど・・・

ということで、相生に戻りレンタカーを返して、帰京。

明日はまんゆう会だったのだが、ドタキャンした。来週入院かもしれないので・・・
しかし、留守電に病院からの連絡は入っていなかった。来週ダメだと、月末になるかもしれません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック