この寒さにアカボシゴマダラが羽化

近所にエノキの幼木があり、そこでアカボシゴマダラの幼虫を見つけたことを以前書いた。

画像

10月 22日に見つけた幼虫。

この場所はよく通るので、通る度に気にしていましたが、なんと今日(26日)、エノキの幼木の中に成虫が止まっていました。この寒さの中で羽化したのですね。どうするつもりなんだろう。

画像

中央付近にチョウの翅が少し見えます。

画像

その部分をアップしてみると、いました。PCに取り込んでみて気がついたのですが、成虫のちょっと左下に幼虫がいました。これはまだ3齢ぐらいですね。

画像

全身像。羽化したばかりみたいです。一昨日は雪で、昨日も寒かったので、今日羽化したのかもしれません。

このチョウは、この先どうするのかちょっと観察してみます。

暖かくなったらどこかに飛んでゆくのだろうか?

まだ、これから交尾して、卵を産むのだろうか? 

もうエノキも紅葉してきて落葉が始まっているのだが、どうするつもりか?

このままこの場所で成虫越冬でもするのだろうか?

このまま死んでしまうのか?いろいろ疑問が湧いてくる。

もうこの辺は分かっているのかもしれないが、ちょっと観察を続けてみようと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

かめむし
2016年11月30日 08:11
玉虫さんの虫のお話を聞いたりする前は、秋の終わりから冬に活動するのは、家の中のゴキブリくらいかと本気で思っていた私です。
先日霜が降りる位寒くなった田舎に帰省した時に、その時期にでも昼間は蝶々を始め色んな虫が活動していて、驚きました。
このアカボシゴマダラのこれからの活動、とても興味があります。観察報告よろしくお願いします。
玉虫
2016年11月30日 23:05
かめむしさんもチョウをずいぶん育てましたね。育て上手です。冬越しの虫を探すのも面白いですよ。
2016年12月04日 21:01
とても似ている幼虫にオオムラサキやゴマダラチョウがいて、当地宮城県では緑だった色が茶色に変わり、エノキの落ち葉の下で越冬の準備を始めました。時々落ち葉を食べてるようですね。
玉虫
2016年12月04日 21:18
アカメヤゴさん
アカボシゴマダラは関東の首都圏でのみ発生しています。ゴマダラチョウ、オオムラサキによく似ていて、同じエノキを食べています。だれか、チョウの愛好家が中国などの外国から幼虫などを生きたまま持ってきて、関東に放したために関東周辺で増えています。やはり生命力の強いチョウで、このままですと、ゴマダラチョウ、オオムラサキが追い詰められるのではないかと心配しています。

この記事へのトラックバック