アカボシゴマダラ幼虫深度合成

家の鉢植えのエノキにアカホシゴマダラの幼虫を発見。

画像

どこにいるかわかりますか?  

わりと真ん中当たりです。画像を2度クリックすると拡大されます。







画像

赤い矢印のところ(画像をクリックして拡大)

まったく気がつかなかったですが、もしやと思ってなめるように見たら見つかりました。


画像

風が弱いので、TG4で深度合成。

さらに、EM-1を三脚に付けて、深度合成BKT15枚
画像


そして、驚いたのが、PCで見ていて、拡大したら、黒い毛が一杯!
画像

上の写真を一部トリミングしたもの。画像を2度クリックして拡大してください。

以前、アゲハの幼虫を深度合成で撮ったときも、黒い毛が一杯あって驚いたが、やはり、こやつも毛虫なんだ。

深度合成で撮ると、青虫も毛虫であることがはっきり分かります。
深度合成はすごい!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かめむし
2016年10月23日 10:23
ああ、これでは普通の人は気づきませんね。
今朝テレビで、成虫や幼虫で越冬する蝶たちの事をやっていました。
幼虫が木の葉を丸めた巣の中で越冬する種類もいるんですね!
山だけではなくて都会の真ん中でも、色んな命が繋がれていると思うと、心が温まります。
玉虫
2016年10月27日 21:10
アカボシゴマダラは南方のチョウで、要注意外来生物に指定されているんです。関東の一円で増えていますが、このチョウのため、本来日本にいた在来種のゴマダラチョウが減りつつあります。このチョウはあまり好ましいチョウではないんです。
かめむし
2016年10月28日 09:07
ああ思い出しました。去年でしたか成虫がうちのベランダに来てました。珍しいので調べたら、何やら、意図的に日本で放った?とかいう記事も載っていたような。

この記事へのトラックバック