クロアゲハ蛹化

家の鉢植えのミカンの木で見つけたクロアゲハの幼虫が蛹化した。

もう終齢で蛹化寸前だったようで、観察を続けていた。
画像


画像

糸を吐いて、体を枝に固定した。(10月13日)

画像

体の色が変わってきた。うん? 死んでしまうのかと本気で思った(10月14日)
もしかしたら蛹化の脱皮が始めるのかも? と思ってカメラをセットしたのだがなかなか始まらない。
飯でも食ってくるかとカメラから離れて、戻ってきたら蛹化は終わっていた! いつもこうなんだよね。

画像

体にはまだ緑色の部分が多い。(10月14日)

画像

蛹化5日後には全身、枯れ枝色に変身。(10月19日)

これはこのまま越冬ですね。ちょっと寒い部屋に入れておこう。

写真はすべて、オリンパスEM-1で深度合成で、5~10枚をソフトで合成。

かなり拡大しても細かいところが見える。深度合成恐るべし?!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

かめむし
2016年10月21日 19:08
実はうちにもナミアゲハの越冬さなぎがいるんです。
オレンジ色をしています。初めて見ました。
そのうちブログにあげます。
去年の秋の蛹が今年の春に羽化したので、今年の蛹もちゃんと来年羽化してほしいです。
来年の春が楽しみですね!


玉虫
2016年10月23日 20:12
暖かい部屋に置かなければ大丈夫です。私も来春が楽しみです。

この記事へのトラックバック