キアシナガバチの巣

膝は簡単には治らない。
しかし、筋肉を鍛えれば、かなり普通に歩けるようにはなる。
フィットネスのインストラクターは膝周辺の筋肉を鍛えて、膝痛を克服したということである。

わたしも筋トレと同時にランニングマシンで必死に歩いている。最初は5分も痛くて歩けなかったが、
今は30分は平気である。人間の機能なんて使わなければ使わないほど衰えてゆく。

このクラブに膝を手術した人もいるが、術後あまり思わしくないとのことだ。
まあ、手術のタイミングを失ったのもかえってよかったのかもしれない。

ということで、膝を鍛えるためのウオーキングを兼ねて町田の方に一人で行ってみた。
しかし、夢中になって虫の写真を撮っているときは明らかに膝の痛みは消えている?
 痛くても気がつかないのかもしれないが。

画像

7月にきた時に撮ったアシナガバチの巣とハチ。(たぶんキアシナガバチ)

画像

7月の時は、母蜂が1匹で残りは働き蜂だった。(母バチは巣の上にいる)

画像

今回(9月5日)は沢山の新母バチが現れ、巣は満員。もうすぐばらばらに散りゆく運命なのだ。

画像

巣も最大まで大きくなっている。働き蜂の方が少ないようだ。オスバチらしきものがいるがよくわからない。

これ以上近づくと、一斉にこちらを見て、隙あらば襲うぞという態度を示し、びびって後ずさりしてしまう。

むかし、足をアシナガバチに刺されパンパンに腫れ上がったことから、ハチ毒のアナフィラキシーショックがあるのではないか思う。たぶん今度刺されたら命が危ないと思っているので、かなりビビル。

しかし、この巣は通り道の木にあり、ここを歩く人は気がつくのではないかと思う。今の人はハチを目の敵にしているので、見つかったら除去される運命だろう。この辺の人は、ほとんど軽自動車で移動しているのでまだ気づかれていないのかもしれない。気づかれてもほっときなさいと言う人ばかりなのだろうか?

アシナガバチは青虫、毛虫を退治してくれて、昔の人はツバメと同様に大事にしていたのですがね。手を出さなければ絶対に襲ってきません。

クズの花が咲き始めた。花の中になにか変なのがいる?

画像

オジロアシナガゾウムシである。ウラギンシジミの幼虫は見つからなかった。というより時間がなく熱心に探さなかった。

画像

これは、深度合成を撮らなくてはと思ったが、風が強く、被写体が揺れ動いてうまくいかなかった。この写真は深度合成ではない。

画像

ヨコヅナサシガメの幼虫が円陣を組んで、毛虫を血祭りに上げていた。毛虫はもうぺちゃんこでサシガメの幼虫はお腹がパンパンになっていた。まさに饗宴である。

画像

細長い尺取り虫が歩いていたのでカメラと近づけると、直立不動の姿勢になった。
む~ん、これは何に擬態したつもりなのかな? でも歩いているときでなくこの姿を最初に見たら、なんじゃこりゃ?と虫とは思わなかったかもしれないな。

画像

ママコノシリヌグイがきれいな花を付けていた。その茎にはすごい痛そうなトゲが。このトゲで尻をぬぐわれたら飛び上がるであろう。だれが命名したかしりませんが、すごい名前である。花とトゲを一緒に撮ってみた。

画像

キタテハがヤブカラシの蜜をなめ廻っていた。越冬に備えているのでしょうね。

画像

白いキノコが見つかったので深度合成で撮ってみた。これはあまり効果ないかな? バックがピントがきて撮れすぎ・・・やはりぼやかした方が・・・フォーカスステップを細かくして、撮影枚数を減らすとかしなくてはダメだね。深度合成もけっこう奥が深いです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

かめむし
2016年09月08日 10:21
ママコノシリヌグイ ほんと面白い名前ですね。
なぜこんな名前を、と思って調べてみましたが玉虫さんのブログなのでここには書きません(笑)
それにしても虫はともかく植物の名前をよく御存じで感心します。私全然覚えられません。
玉虫
2016年09月08日 13:56
こういう変な名前しか覚えられません。笑
オオイヌノフグリとか・・・
森のきのこ
2016年09月13日 20:40
こんばんわ

 数年前の秋ですが、同じ小野路の谷戸でキアシナガバチの巣を見つけたのでストロボを発光させて撮ったところ、いきなり、飛んできて何か所か刺されてしまいました。普段は、おとなしい蜂でも秋になると、スズメバチ類に襲われたりと外敵の脅威にさらされることでより攻撃的になるみたいです。
白いきのこは、シロオニタケですね。
玉虫
2016年09月14日 13:41
やはり、秋になると神経質になるみたいですね。おそるおそる撮りました。腰が引けてしまって、写真に巣が真ん中に入っていなかったりしています。笑
シロオニタケですね。ありがとうございます。

この記事へのトラックバック