結婚飛行

いつも行く、町田の方に行って来た。

久しぶりである。慣れ親しんだフィールドは故郷に帰ったような気になる。

もっと近ければ毎日かよってもいい。むかしこの辺に家を借りて住みたいと思った。

毎日、カメラを持って昆虫撮影・・・まるで夢のような暮らしだな。

夢はなかなか叶わない。

しかし、昆虫の濃い所って、減りつつありますね。昆虫たちは、大発生すると種の存続にも関わる事態になるため、オスメスの出会いは、かなりの密度でないとうまくゆかないようにできているのではないか?

昆虫が濃いところはそれが正常に働いているが、いったん密度が減り始めると、みるみる昆虫が減って行くように思う。

昆虫の濃いところは、つぎつぎ虫が見つかり、歩く速度が極端に遅くなる。

この日見つかった主な物は、

画像

カミキリモドキの一種?

画像

クモの子のまどい。 このあと点点ばらばらに散らばって行く。クモの子を散らすようだというのはこの状態から散らばって行く様子を言っている。
サッカーの試合前に選手が集まって円陣を組み、そのあとで各ポジションに散らばって行く様子に似ている。

画像

クロオオアリの結構飛行寸前の様子。巣の入り口に新女王アリと雄アリの羽アリが密集している。
飛び立つタイミングを計っているのだ。しばらく見ていたが、蚊の大攻勢に会い、あえなく撤退した。

この様子の映像をユーチューブに載せたので良かったら見てください。最後のURLをポチしてください。

画像

ササグモがアザミのつぼみの所に逆さで止まっています。

画像

ツノゼミ。逆光であまりきれいに写っていないな~

画像

ミズナラハバチ? 白くて目立つのであるが、こんなに目立って鳥にやられないのかな?
美味しくないのだろうか?

最後に、クロオオアリの結構飛行寸前の映像のURLです。

https://youtu.be/HijpgI4KnTU

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

かめむし
2016年06月17日 07:19
雄アリの羽アリの事を教えてください。
クロオオアリの雄には、羽があるんですか?
働きアリとは違うんですか?
オオアリは田舎にいた頃、山でよく見かけました。
懐かしいです。
玉虫
2016年06月17日 07:55
アリには基本的に3階級あり、働きアリ(兵アリ含む)雄アリ、女王アリです。翅があるのは雄アリと女王アリです。雄アリは結婚飛行のときにだけ生まれてきます。結構飛行が終われば死んでしまいます。女王アリは結婚飛行後地上に降りて翅を落として巣作りし、新しい巣を作ります。
かめむし
2016年06月17日 09:49
アリがとうございます!
玉虫
2016年06月20日 12:50
イモムシしゃはたちです。

この記事へのトラックバック