カブトムシ最終チェック

5月9日に、全カブトムシの幼虫をチェック。

最終的には、14個体のうち7個体が死んでいた。

丁度半分である。こんなに亡くなるものなのかな?

前回エサ換えのとき、いつものとは違う茶色の粉のようなエサががあり、

これを混ぜて与えた。このエサが悪かったのだろうか??

死んだのは雄と思われる(V字マークあり)が5頭、雌とおもわれるものが2頭で、雄が圧倒的に多い。

この先どうなるか分からないが、エサは取り替えなかった。

1頭はからだ全体が飴色に変化していて、蛹に変わる兆候だろうか?

しかし、あまりに多くの個体が死亡したので、がっくり来ている。

雌雄の見分け方の実験も失敗するかもしれない。

しかし、これ以上死ぬ個体が出ないことを祈るほかない。

画像

全体的に黒くなって死んでいた個体。

画像

この死体をプランターの上に置いておいたら、翌日、なんとダンゴムシがたくさん集まっていた。久しぶりのタンパク質にありつけた、という感じで食いついていた。

画像

プランターのパンジーの中から、頭の黒いへんな幼虫が見つかった。

イモムシハンドブックで調べたら、キバラモクメキリガというガの幼虫と出ていた。

しかし、この黒い模様はなんのためにあるのでしょうね?

写真を良く見たら
画像


白い卵のようなものが付いていた。寄生バエ?だろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2016年05月18日 20:33
カブトの幼虫、飼育しているんですね。大きくて、貫禄がありますよね。
私も以前、堆肥の中に沢山いた幼虫を集めて、視力検査の表?を作って遊んだことがありました。
上、下、右、左と、うまい具合に丸まった体の切れ目が出来るので・・(笑)
カブトは完熟堆肥だと産卵してくれず、60~70%熟あたりが一番いい様ですね。
玉虫
2016年05月25日 22:07
はっはは・・老眼の視力検査ですか?
死んだ訳が分かりました。ちょっと水を入れすぎたみたいです。乾燥しすぎてきたな、と思って入れた水が多すぎたみたいです。あわてて蓋を開け、乾燥させたら残りのものは元気を回復しました。大失敗です。

この記事へのトラックバック