冬の赤倉観光ホテル

膝を痛めてから、あまり遠出していない。
すこし調子が良くなってきたので、赤倉観光ホテルに真冬はあまり行ったことがないので、行ってきた。

新幹線で東京から、午後2時頃に長野駅に着いた。4WD、スタッドレスタイヤの車を駅レンタカーを借りて、出発。

今日は新潟地方は大雪とのことだが、長野は雪は降っていなかった。

しかし、赤倉に近づくにつれて、雪が本降りに降ってきた。野尻湖を過ぎる頃は、本格的な雪に。
すごい積もってきた。この辺は日本でも有名な豪雪地帯で、スキー場もたくさんあるから当然ですが。

あまり雪の中は走った経験がないので、ワイパーをフルに動かしても、先が見えにくい雪の世界にちょびっと
びびってきた。スピードは時速20kmぐらい。ほかに走っている車も少ない。

赤倉観光ホテルは標高1000m以上なので、いろは坂のような山道をゆき、さらに慎重に走る。
しかし、昔は、こんな状態ではチェーンを巻かないと走れなかったのに、スタッドレスタイヤと4WDで、なんの苦もなく登って行く。ほんと技術革新はすごいです。

ホテルになんとか無事に到着。ほっとした。
さて、今日は温泉ざんまいじゃ~!

夜中に目が覚める度に部屋付き露天風呂に。
朝までに5~6回は入ったと思う。しかし、ほてった体を夜の冷気にさらすのは気分が良い。ヒートショックなんて関係ない! なんて思いながら入っていた。

翌朝は雪も止み、晴れてきた。そして、枕草子の「春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは 少し明りて紫だちたる雲の細くたなびきたる。」という景色が目の前に広がった(春にはちょっと早いけど)

画像

朝日に照らされるゲレンデ。

画像

下の方に広がる林の木についた雪も赤く染まりだす。

画像

そして、なんと彩雲が出てきた。それは姿を変えながらかなり長い間見られた。

画像

三つ子の雲の彩雲。チョット色がはっきりしない。

画像

縦に長い彩雲。

まるで、彩雲の変化ショーを見ているように、つぎつぎその姿を変えていった。
彩雲は吉兆といわれる。こりゃ!春から縁起が良いわい!

世の中には、もっとすごくきれいな彩雲があるが、まあこれはこれでいい。

画像

先ほどの赤く染まった林も太陽が昇るにつれて、白くなってきた。これもまた趣がある。

画像

つららにも日が当たり出し、なんとも美しく輝きだした。

かっては、スキーが大好きで、毎年のようにスキーに行っていた。ホテルの前がゲレンデで、スキーは滑り放題なのに、スキーなしの温泉のみの旅行である。(年取ったな~~!)

まあ、年相応の旅の楽しみ方があるわけで、「これは、これでいいのだ!」という感じである。
今日は松代によって、松代温泉に浸かり、松代城など見て帰る。

次回に続く・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック