樹皮の下の虫たち

膝の方は、手術を拒否して、リハビリと運動で治すことにした。
2月から近くのフィットネスでランニングマシンで歩く練習を、また筋力アップのいろいろなマシンで足を中心に筋力アップに励んでいる。もう5回ほど言っているが、すこし調子が良くなってきた感じだ。

今日は、ウオーキングを兼ねて、近所を散歩した。

久しぶりに、カメラを持って公園めぐりである。家の近くに小さいが、3つ結構自然の残っている公園がある。
虫といっても、みんな冬眠中で、なかなか目に付くものではない。

そこで樹皮はがしをやって、冬眠中の虫探しである。

画像

ミヤマカメムシ(シンカイさんの同定)、TG-4で深度合成。20枚をソフトで合成。

画像

アザミウマの一種。

画像

キハダカニグモ。クモ類は樹皮下に結構いる。

画像

ウスキホシテントウ、このテントウは初めて撮るような気がする。
(*ジュウシホシテントウではなくウスキホシテントウではないかとのご指摘を受け訂正しました)

画像

チビタマムシノ一種(カメラ内深度合成)

画像

トビムシの一種

画像

ハダニの一種

画像

ヨコズナサシガメの団体さん

都会の小さな公園にもこれだけいます。トビムシは夏ではこんなに近づいて接写できないですね。直ぐ跳びはねてしまう。ハダニもちょこまか動き回ってカメラに収めるのが大変です。

散歩がメインの目的だったので、大きいカメラを持ってこなかった。まだ膝が本調子でないですし・・・

まあ今日は腕ならしです。春はすぐそこですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

シンカイ
2016年02月14日 07:11
写真のカメムシは、ミヤマカメムシ、かと思います。本種は越冬中の個体がよく見つかりますが、生活史の仔細がわかりません。
アン
2016年02月14日 08:09
気温は高いですが、強風。明日からはまた気温が急降下するそうですね。このような気温の変化が体には一番堪えますね。虫たちにはどうなんでしょうか。
玉虫さん、寒い日は思うように体が利かないかもしれませんが、リハビリも運動も続けていれば必ず効果が出ます。
たまむし散歩、回数が増えていくと良いですね。
玉虫
2016年02月14日 11:13
ミヤマカメムシですか。ありがとうございます。書き込んでおきます。
生活史が分かっていないものはまだまだ結構あるのですね。
玉虫
2016年02月14日 11:15
アンさん>ありがとうございます。必ずや復活して見せます。自然治癒力を信じています。

この記事へのトラックバック