神田明神

毎年行っている神田明神に遅まきながら1月8日に行って来ました。

「江戸東京に鎮座して1300年近くの歴史をもつ神田明神。
江戸時代には、「江戸総鎮守」として将軍様から江戸庶民にいたるまで江戸のすべてを守護されました。」
と説明にあった。

ビジネス街に近く、商売繁盛の神様なので、この時期会社から来るビジネスマンが多い。
この明神は、東京―神田、日本橋、秋葉原、大手町・丸の内など108の町々の総氏神様なのである。この周辺の会社の氏神様なので、ビジネスマンが多いのは当たり前か。

画像

これは、ビジネスマンが本殿に上がって祈祷してもらうための行列である。

今年は春から縁起がわるく、私は、正月から風邪を引いてしまった。本来もっと早く来るのだが風邪のためぐずぐずしていた。

画像

ここの狛犬は変わった形をしているが、正面下からの顔のアップはなにか魔神のようだ。

画像

お札などを売る所にあった破魔矢

画像

短い参道に三が日には縁日の出店がずらっとあるのだが、さすがに8日には消えていた。

画像

神田明神の門。

画像

門には、平将門さまが鎮座しています。まさかど様は除災厄除の神様として、江戸っ子に親しまれてきている。

毎年行っているところに行かないと気分が悪い。風邪は完全に治っていないが、なんとなく役目を果たした気になった。今年はよい年であるように祈ってきた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かめむし
2016年01月19日 15:53
行ってこられた事がご利益ですよ。
私は今日で手術から一年経ちました。
鮫洲まで歩いて行って免許の更新してきました。
去年の今頃手術台に乗っかって人工心肺で生きていた事を思うと、今は感謝しかありません。
寒いので無理のない程度にお出かけください。
後、本が出来たら浜田山の病院に行くついでに
お持ちします(笑)

玉虫
2016年01月19日 23:50
大変だったのですね。あの病院は名医がいるみたいですね。でも元気になられて良かったですね。

この記事へのトラックバック