地獄谷のサル

以前このブログにも書いたが、地獄谷のサルを2013年の1月に撮影に行き、驚いたことを書いた。
http://tnntohmusi.at.webry.info/201303/article_5.html

それはあまりにも外国人が多いのでびっくりしたのである。

こんな辺鄙なところにただサルが温泉に入っているところを撮りたいという人たちであった。

まあ、ここのサルはグローバルな写真雑誌、ナショナルジオグラフィックに紹介されたりして、世界的にも有名であるけれど。

この前行ったときの写真の再掲になるが、温泉に入っているサルを撮影している人たちは、1番左の人を除いてすべて外国人である。(どうもドイツ人らしかった)
画像

もうサルを撮るより面白いので、サルのまわりに集まる外国人をおもに撮っていた?!

しかし世界には物好きがいるのですね。その時、私も撮ったのがこの写真。
画像


画像


あまり外国人が夢中に撮っているので、何となく遠慮してしまった。
本来、温泉に入っているサルを撮るなら、ここの旅館「後楽館」に泊まってチャンスをじっくり待って撮るべしである。

このときは、見に行こうというだけできたので、ここにいる外国の人とそんなに変わらない。ですから時間が来たら帰るという撮り方・・・

そこで、今日むかしのフィルム写真を整理していたら、後楽館に泊(一泊でしたが)まって、じっくりねらった写真が出てきた。

画像


画像


画像


画像


画像


自分で言うのもなんですが、泊まり込みでじっくり写真を撮ったほうが勝ちですね。

しかもフィルムは ブロニカの6×6判で撮った写真です。スキャンして取り込みましたが・・・

この後楽館はG社時代の友人のO氏と一緒によく動物写真など撮りに行った。かれはここの旅館がまるで実家のようによく遊びに行き、結婚式の仲人も頼んだくらい深いつきあいでした。

このときはO氏はいませんでしたが、何度も行っているので、いろいろ気を使って戴きました。

しかし、一泊だけで帰ってしまったので、雪が頭に積もっている温泉ザルなどは撮り損なった。
それにこの頃は、外国人どころか、日本人も尋ねる人は少なかったのです。

まあ、こんな写真も撮っていたのだという今日の発見は、昔のフイルムをスキャンしてデジタル化しなくてはと今更ながらに思いました。この正月休みにやるかな・・・・

余談ですが、今日行った近所の八幡様のおみくじは「大吉」でした。

しかし昨年も大吉だったんだよな~~??
昨年は、ほんとうにイマイチの一年で、はっきりあまり言っていいこと無かったです。
今年こそ!と思いたいですね。それには、膝と股関節を治さなくては。いまこれに集中しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

かめむし
2016年01月03日 09:14
あけましておめでとうございます。
お猿さんたちの写真、いやされますね~。
今年は体のあちこちを心配しないで
色んなところに出かけたいですね。
膝と股関節がすっきり治りますように!
今年も虫や植物など等、ためになる面白ブログを楽しみにしています。
玉虫
2016年01月03日 20:19
今年もよろしくお願いいたします。
面白くて為になるブログになるようにがんばります。
森のきのこ
2016年01月07日 19:25
地獄谷の温泉猿は、まだ見たことが無いのですが
よく撮れていますね。
知人に聞いたのですが、温泉の中で大○もしてしまうそうなのですが、本当でしょうか?
玉虫
2016年01月09日 10:31
そうです。大も小もどこでもやるのが野生動物です。底にはモンキーバナナみたいのがいっぱい転がっているはずです。

この記事へのトラックバック