タマネギの苗植え

10月28,29日に農場に行って来た。超久しぶり(1ヶ月ぶりかな)。

タマネギの苗植えのためである。28日は現地到着が3時半になってしまった。今は、日が暮れるのが4時半頃なので、1時間ほどしか作業が出来ず、雑草刈りと耕運機をかけるのが精一杯で、持ってきた玉ネギの苗を植えずに現地に置いて帰ることになってしまった。

翌日は午前中から行って、馬糞をまき、肥料を入れて、耕運機でかき混ぜた。

その上で、タマネギ用のマルチを敷き詰めて、3畝作った。

そして、タマネギの苗を約300本植えた。
また、ソラマメ、キャベツの苗も植え、昨年収穫したニンニクも植えた。

画像

タマネギ3列。これだけ植えるのはかなり難儀です。腰が痛くなり、踏ん張る脚も疲れてきて・・・・イナバウアーの連続技?でなんとか腰痛に耐えながら植えました。

しかし、農業は大変ですね。よくお年寄りの方が農作業をしていますが、その大変さはやってみないと分かりませんよ。3ちゃん農業なんてむかしから言われていますが、今後どうなってしまうのでしょうか?

わが中山の農場に新規加入の方はまだ若い方が多く。農業も見直されているのかな?
私も肩の手術後やっと力が戻ってきて、ほぼ90%は元のように動かせます。

私の両隣は、この農地の近所で毎日のように来られると言うことで、実にきれいな農場です。雑草1本生えていないし、いろいろな作物を効率よく植えていますね。

きれいな農場にはさまれていると、余計わが農場が雑草だらけのひどいものに見えてきます。

今年から参加している女性は、「農場のようすを見ると、その人の性格がよく分かりますね!」なんて、どき!とするようなことをすばりと言われました。あせあせ!!

画像

お隣の I さんの農場。実に管理がよく、無駄が無いですね。効率重視の多品種少量栽培ということですかね。このまねは私には絶対出来ないです。

画像

ニンニクと赤タマネギ

画像

ソラマメ。今年春に収穫したソラマメはかなり良い出来でした。小麦をそばに植えると良いということで、このあと小麦の種を周辺に蒔きます。

画像

先日植えた、キャベツとブロッコリーは順調ですが、虫にかなり食い荒らされています。

画像

キャベツは穴だらけ。モンシロチョウの幼虫とガですが、こんなになってもちゃんとキャベツが出来るんですよ。野菜の力を馬鹿にしてはいけません。

こんな逆境に耐えたからこそ美味しい野菜になります。負け惜しみとかでなくてほんとうです。消費者は虫の穴が開いているキャベツは絶対と言っていいほど買いませんね。やはり消費者が賢くならないと、無農薬野菜など砂上の楼閣のようなものです。

画像

ナスは全て収穫して、本体も整理しましたが、ピーマンは今が盛りと稔っています。この5本でバケツ一杯採れました。まだ花もつき小さい実が出来ているので、まだ期待できそうです。

落花生をかなりのスペース割いて植えたのですが、すべてネズミに食われました。
徹底的に食われて、噛みきられた殻しか見当たりません。すごいショックでした。楽しみにしていたので・・・

ハタネズミかヒメネズミでしょうが、来年は対策を練らないと。彼らは地下トンネルを作って暮らすので、落花生など地中に稔るものの被害がわかりにくいですね。アオダイショウでも住み着いてもらわないと。

11月3日は農園での収穫祭があります。「芋煮」を作る担当に立候補しました。がんばらねば~~

現地で収穫して、その場でみんなでわいわいやって食べるというのは楽しいですね。
ただノンアルコールビールしか飲めないのがつらいです。ほとんど、みんな車でくるので・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

かめむし
2015年11月04日 08:38
にっくきねずみですね。
若大将なら一人心当たりはあるのですが(笑)
玉虫
2015年11月04日 08:43
9時から16時まで、農作業をやり過ぎて、股関節が痛くなってしまいました。もう、じいちゃん農業は限界かな?

この記事へのトラックバック