小出川のヒガンバナとナガサキアゲハ

9月24日、まんゆう会があった。

小田急江ノ島線、湘南台駅10時半集合。
西口の1番バス乗り場から慶応大学行きに乗車。

通学の大学生で一杯。慶応大学入り口のところで下車。

ここから、小出川まで歩く。10分もしないうちに小出川に着いた。
川といっても、思いっきり跳べば川の向こうに着地しそうなくらい狭い川で、三面コンクリートの下水みたいだ。

画像


最初はずいぶんショボイな~と思ったのだが、そこは会場の一番外れの場所だったので、ヒガンバナもわずかしか植えられていなかった。

次第に花の数は増え、川も少し広くなり、周囲は水田の田園風景が広がる。この辺まで来ると、結構、川に沿ってヒガンバナが一列に並んで咲いていて、きれいだった。ただ、ちょっと花期が遅かったのか、咲き終わったヒガンバナがかなり混じっている。

画像

このへんはかなりヒガンバナが増え、川幅も広くなった。

画像


画像


画像

田にかかしが並んでいるところがあった。ヒガンバナを一輪入れてパチリ。

画像

白いヒガンバナも所々で咲いていた。

画像

川の反対側に黒いアゲハが飛んでいた。丁度ちいさな橋?があったので、反対側に渡って激写。
みなさんを足止めしてしまったが、これは珍しいチョウだった。

アゲハの仲間なのに尾状突起がなく、翅のつけねに赤い色が付いている。
これは、なんと! ナガサキアゲハである。

南方系のアゲハで、昔は沖縄、九州くらいにしかいなかったものが、温暖化によって、北進しているのである。
近年では、栃木の方でも見つかっている。

私は初めて見て、初めて写真に収めた。なにかへんなチョウがいると思って、川を渡り、みなさんに迷惑をかけながら撮ったが、私にとって、これは本日一番の写真だ!

画像


画像

今日来た甲斐があった。連写モードでバシャバシャ一杯撮った。

画像

これはキアゲハ

ほかにナミアゲハも撮ったが、これはあまりうまく写っていなかった。

しかし、アゲハの仲間はこのヒガンバナが好きです。どこにいっても、ヒガンバナにアゲハの仲間が必ず来ますね。一種の共利共生で、花にとってもいろいろな昆虫が来るよりも、花粉を確実に運んでもらうために、決まった昆虫に来てもらいたいのです。

ヒガンバナがアゲハ類を選び、アゲハ類はヒガンバナの花を渡り飛んで、蜜をもらい、花粉を媒介します。
アゲハ以外の昆虫にはこの花の構造から蜜が吸いにくくなっているのでしょうね。

このあと、茅ヶ崎里山公園にゆき、お昼。バーベキューができる休憩所でお昼の休憩。なんと周りを見渡すとじじばばばかり・・・自分たちもじじいですが。なにか、加齢臭がむんむんしていそうな感じである。

ヒマのあるじじばばは徒党を組んで全国を荒らし回っている??

ここのベンチですこし昼寝をした。気持ちよかったです。

茅ヶ崎里山公園はなかなか良いところです。昆虫がたくさんいそうだ。夏に来たら良いかもしれない。

画像

セミの死骸に小さいアリが群がっていた。ヒメアリという種類のようだ。

画像

帰りのバスを待つ間、公園の花に来ていた虫を撮っていたら、初めて見るハナアブがいた。
かなり特徴のある顔をしている。ネットで調べたら、キゴシハナアブという種類のようだ。

画像

目にまだら模様があるのが特徴。

そして湘南台へバスで戻った。しかし湘南台では早くから開いている店はなく、大和へ移動。
ここで、24時間営業、いつでもお酒の飲める 「磯丸水産」 になだれ込んだ。
反省のない反省をして、いろいろな話題で大いに盛り上がった。

いやー、久しぶりのワーキングをたっぷり味わいました。13000歩でした。
樽酒の冷やがおいしくて、がぶがぶ? かえりの電車で寝てしまったが、下北沢でぱっと目が覚めた。
最近は、この特技ができるようになった。駅に着いてからでなく、着く前に目が覚める。この特技をこれからも伸ばしてゆきたい?




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

かめむし
2015年09月28日 07:13
お元気そうで何よりです。
先日うちの網戸にアカボシゴマダラらしき蝶がきました。ブログにも書きましたが、これはもともと大陸にいる蝶で、人為的に放蝶された?とかいう話も読みました。
温暖化でも生態系が変わってきているのですね。
長崎に行かなくてもナガサキアゲハが見れるのは
喜んでいいのか悪いのか。
日本にはいなかった凶暴なスズメバチも九州で確認されたらしいですし、二度ほどハチに刺された事のある私にとっては恐怖。

玉虫
2015年09月28日 20:48
地球の温暖化は急速に速度を増しているようですね。このままゆくと、地球も大変なことになりそうです。でも人類って地球にとって、がん細胞みたいなものですね。いまガンがあちこちに散らばって、草食しているので、地球も免疫作用と思える、台風や地震や干魃などで対抗しているのでしょう。癌である人類を少しでも減らそうと躍起になっているのではないですかね?

この記事へのトラックバック