昆虫百面相(9) ヒゲナガオトシブミ

首長くして、オスは待つ (タイトル)

画像


「ヒゲナガオトシブミ」
【体長オス12ミリ、メス8ミリ】【国内の分布】日本全土

 オトシブミとは「落し文」と書き、昔、恋文や密告など、直接相手に渡しにくい手紙を、さりげなくその人の通る道に目立つように置いといた手紙のことである。

 オトシブミは、幼虫を育てるために葉を巻き、下に落とすが、この葉を丁寧に巻いたものは、形が「落し文」にそっくりなのである。

この葉の巻物は、ゆりかご、揺籃(ようらん)と呼ばれ、幼虫のための住居兼食料で、幼虫はこの巻物の中を食べて育ち、巻物に守られて、その中で蛹になる。

 オトシブミの仲間は日本に22種類いるが、種によって、巻いた葉を落とさずにぶら下げるものもいる。このヒゲナガオトシブミは落とす方のタイプである。

 このオスは写真のようにとても長い首を持っていて、拡大してみるとかなり異様である。首の長さは体長の半分近くを占め、昆虫界のキリンといってもいいかもしれない。メスはこれほど長くはない。

 このオトシブミの巣造りを観察、撮影したことがあるが、オスは、メスのそばでウロウロし、ほかのオスがくると追い払い、最後にまだ製作中のメスと交尾する。

どちらかというと、メスの巣造りの邪魔ばかりしている感じだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

かめむし
2015年06月25日 10:44
つけ文ならされたことがある(笑)
古き良き時代、今じゃストーカー。
むしの顔って本当に面白いですね。
アオスジアゲハが羽化しました。
うかれています♪
玉虫
2015年06月25日 21:34
むしの顔は撮っていても飽きないです。
アオスジアゲハ羽化しましたか!羽化させる名人ですね。
かめむし
2015年06月26日 11:43
うかうかしないのが、秘訣です。ハイ

この記事へのトラックバック