四季の森公園

7月9日、まんゆう会でJR横浜線中山駅近くの「四季の森公園」にいった。

台風8号が来ているということで、ぎりぎりまで催行決定を引き延ばしたが、昨日催行決定になった。

天気予報によると、横浜方面は朝6時まで雨、その後曇りとなり、昼頃晴れという予報である。
朝、アルゼンチンとオランダの試合を見て、出掛けた。

この公園はかなり虫が濃いところらしい。里山写真クラブの人たちもよく行っている。

今日は昆虫写真専門のカメラ機材を用意して、張り切って出掛けた。
今日は全員参加で7人。わたしは先月参加しなかったため2ヶ月ぶりである。10時半に集合していざ出発。

駅からは「四季の森公園プロムナード」という歩行者専用の小道が整備されていて、徒歩15分。気持ちよく歩いて行った。

雨は霧雨でこのままでは、そのうち止むであろうという感じであった。

プロムナードの小道にクモの巣があり、そこに霧雨の雨粒がきれいについている。

画像


画像


画像


これは、このような霧雨の日にしか撮れない写真である。霧雨は雨粒が小さいので、細かい水滴がクモのアミにつき、きれいな水滴飾りの写真となる。大粒の雨ではこうはいかない。

四季の森公園に着いたがいっこうに雨は止まず、逆に少し雨脚が強くなってきた。
入り口のビジターセンターで休憩。ウォーキングも雨の中では意気が上がらない。
しかし、待てど暮らせど、雨脚は弱くならず、しかたなくここで昼食。みんなでだべっていたが、2時間もいると話題も途切れてきて、とにかく、少しでも歩こうと言うことになり、雨のなか傘を差してのウォーキング。

すると、入り口近くの池にカワセミが止まっていた。私は望遠レンズを持ってこなかったので、見るだけであったが、そのカワセミがなんとみんなの前でダイビングをして魚を捕まえたのである。

超望遠を持ってくれば撮れる写真であるが・・・虫目レンズしかないので、指をくわえて見ていた。

その道の横の木の枝になにか白い毛を生やしたものがいた。良く見たらベッコウハゴロモではないか!

画像

このベッコウハゴロモの幼虫の尻尾の毛は、なぜか虹色に光るのですね。美しい。この写真では少ししか出ていないが・・・

コブシの実にはクサギカメムシがいた。
画像


とりあえず、目についたものを撮ったが、みんなが帰りだしたので、あわてて後を追った。

しかし、雨はいっこうに弱くならず、むしろ強くなり、雨の中では意気が上がらず、センタニーに引き返してしまった。

引き返す途中フヨウの花が咲いていた。

花びらについた水滴をねらってみた。

画像

なにか芸術的?!(自己満足)

しかし、今日はここまで。もう飲み行こうとなって、中山駅まで帰り、駅周辺を探したが午後の早いうちから飲める店はなく、それなら町田に行こうとなり、なんの反省ネタも無く、反省会を町田まで行ってやることになった。何時も行く、「磯丸水産」である。ここは24時間営業で、24時間飲むことが出来る。便利な店が出来たものだ。

しかし、今日はさんざんだったが、長い人生、こういうこともあるよね。こんな午後早く、明るいうちから反省会は久しぶりだな~。
けっこう飲み、食い、しゃべって、夕方までがんばった。

この公園は面白そうなのでまた近いうち来よう。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

かめむし
2014年07月31日 10:21
PC復活しました。
素晴らしい写真ですね!
蜘蛛の巣の水滴。スイテキ~~。
ベッコウハゴロモの尾っぽもきれいです。
私の弟が先日のブログで
ハゴロモのしっぽを
「放屁をアニメ化したような」
と表現していて爆笑しました。
これって、何のためにこんな様子なんですか?
天敵に「キモイやつ」だと思わせるのかな?
それとも目くらましか。
私のように虫に詳しくない者は色々想像してみます。
芙蓉の花も美しいです。
摂る人の気持ちがそのまま表れているようです。

かめむし
2014年07月31日 10:22
すいません。
摂る人じゃなく撮る人です。
天道虫
2014年08月01日 22:40
ハゴロモのしっぽはあれで、体を覆い隠すのです。実に見事に本体を隠します。とげ状の毛は痛いという印象がありますから敵も簡単には手を出さないようです。

この記事へのトラックバック