二宮吾妻山公園

2月13日、まんゆう会例会があった。今回のメインは、JR東海道線「二宮」駅近くの吾妻山公園である。

実は、1月に新年会があったのだが、それはオミット。

町田駅周辺の七福神巡りの後に新年会だったが、七福神が道路のわきにあったり、石像も小さく、ちゃっちい。なにかありがたみがなくて、写真は撮ったが、報告を怠った。

飲む方の新年会はこちらが本番なので、大盛り上がりで、相変わらず大騒ぎであったけど・・・

2月は毎年有名な梅園で梅見(花見)をしていたが、今回は、徳富蘇峰記念館にある梅林で梅の観賞。

画像

小さな梅園で、まだ梅もちらほらぐらいですかね。一箇所でまとまって咲いているところがありましたが。

画像


徳富蘇峰ってなにもの?と思ったが、 徳富蘆花の兄に当たる人で、「国民之友」「国民新聞」を創刊した明治・大正・昭和を代表する新聞人で、ジャーナリスト、歴史家だそうである。

画像

梅の下にたくさんのスイセンが咲いていたが、それを切って、バケツにびっしり入れてあった。

梅園だけは入場料100円、記念館は700円なので、梅園だけにした。年金暮らしはシビアーなんです。

駅に戻る途中の蕎麦屋で腹ごしらえ。ところがここのソバ、なんじゃこれ?! というほどまずかった。
けっこういい値段なのだが・・・駅の立ち食いソバの方がましだ。蕎麦の看板が泣くぞ!

駅に戻る途中にこんな小さなお稲荷さんがあった。

画像


そこにはキツネの瀬戸物の置物がびっしり。

画像


また、狛犬ならぬ、コマキツネ?が両側に。

画像


お稲荷さんの総本社は、京都の伏見稲荷大社だそうで、赤い鳥居と神の使いである白いキツネがシンボルだそうだ。

画像

駅の近くに吾妻山公園入り口がある。ここからは、やく300段の階段が続く。一気に登るのはしんどいので、100段ごとに休憩。300段上った後、浅間神社が展望台近くにあり、お参り。そして、頂上の展望台に。

画像

海が見えて、なかなか景色が良い。晴天だったら見晴らしが良いでしょうね。

またここには巨木が立っていた。魚眼レンズで撮ってみた。
画像


菜の花の下には、溶けきらない雪が!
画像


今年は太平洋側も雪が多くていやになりますね。2週間続いて大雪で、先週雪かきをして、気温も上がって溶け出したのに、また大雪。昨日(15日)も雪かきを何度もして、腰も腕も痛くてならないです。

雪かきで大汗をかいたせいか、風邪もひいてしまい最悪です。今週もまた雪らしい。

もっとも雪国の人はこんなのは日常的で何ともないのかもしれませんが、雪が滅多に降らない東京では交通は寸断され、飛行機は飛ばず・・・・まったく良いことなしですね。

我々には「お天気大明神」がいるので、この日は曇りだが、風もなく、たのしいウオーキングが出来ましたが。

画像

下に下りてきて、吾妻神社にもお参り。ここには河津桜が咲いていた。この桜はピンクがきれいですね。

画像

等覚院によって梅沢海岸へ。等覚院では六地蔵の間に六爺像が挟まって記念撮影。

海岸では女性のドライバーが砂地に突っ込んでスタックしていた。

焦りまくっているのか、車輪を空回りさせて穴を深めていた。みんなで穴を埋めたり、エンジンを吹かさないように注意したりして助け出した。飲んだくれの六爺像もたまには人助けなどのいいことをするのだ。

画像

夕方の海の防波堤に釣り人が並んで釣りをしていた。アジかなにかかな?写真を良く見ると、防波堤の手前では海鵜が魚捕りをしているのが写っていた。(ちょっと小さいですが)

海岸には卵のような楕円形や球形の石があり、メンバーのパズル研究者で数学者でコレクターはやたらと石を拾い集めていた。

そういえば、昔わたしの上司だった編集長がなんでもコレクターで、図書印刷に出張校正にいったとき、校正待ちで時間が出来たので沼津の海岸に行き、石を驚くほど拾い集めていたのを思い出した。石ころはコレクターの集める本能を刺激するのですかね?

海岸から二宮駅まで旧東海道などを歩いて戻った。途中にこんな木造の古い家があった。なつかしいね。板壁の火に弱い、今は見られなくなった民家である。
画像


駅前にはこんな銅像と碑があった。
画像

「ガラスのウサギ」と名の入った銅像。手にはガラスのウサギが乗っている。

その銅像の足元には、終戦直前の8月5日、この12歳の少女の父親が目の前で、米軍の戦闘機に射撃され命を落とした。その悲しみを乗り越えてけなげに生きた体験記が「ガラスのウサギ」で、この本は国民に深い感動を与えた・・・・とあります。
画像


終戦間際にグラマンが非戦闘員を面白がって撃ち殺したというのは有名なはなしで、全国至る所で兵隊でもない人を殺しまくっていたのである。ここ二宮にもその犠牲者がいたのだ。

GHQなどの徹底した情報操作で、国際法でも禁じられている非戦闘員の虐殺の情報は抹殺され、原爆使用も戦争を終わらせるために必要で正しかったと日教組を使って日本人を洗脳していたのですね。

そんなことなど話しながら、藤沢で下りて、反省のない反省会に突入。

しかし、地味な二宮という駅周辺も面白いところがありますね。吾妻山公園にはサクラの木が多く、サクラの季節も素敵なのではないですかね。富士山は曇りで見えなかったですが、なかなか景色の良いところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

森のきのこ
2014年02月20日 20:31
お稲荷さんの置物
持っていきたくなりそうな大きさですね。

進駐軍(米軍)ですが、多摩地区にも来て
ペットの犬を撃ったり狼藉多かった話を聞いたことがあります。戦争に負けるとみじめですね。
かめむし
2014年02月21日 10:07
私もしばらく旅に出ており
観光地でなんじゃこりゃといううどんを食べましたよ。

グラマンの話は父から聞きました。
今でもその恐怖を覚えているらしいです。

今年も河津桜は見逃しちゃいそうですが
寒い中にも春の兆しが見えますね。

お体お大事になさってください。
いつも楽しいブログをありがとうございます。
天道虫
2014年02月22日 11:19
そういえば手のひらに数個は載せられる大きさだったので、持って行こうと思えば持ってゆけますね。
でもたたりが・・・だれも持って行こうとはしないみたいです。
多摩地区は福生、立川など基地が多かったですね。アングロサクソンは、狩猟民族だから鹿狩りのつもりで犬を狙ったのでしょうかね。
彼らは、あたかも狩りをするように艦載機から人間をも(一般市民)銃撃するのを楽しんで?いたみたいですね。
天道虫
2014年02月22日 11:23
まったく観光地の食べ物はひどいもんですね。どうせ一見さんだからと手抜きしているのでしょうね。天につばしているようなものです。いずれつぶれますねそういう店は。

この記事へのトラックバック