雲と太陽と光のショー

11月4~5日赤倉観光ホテルにまた行ってきました。このところ、ほぼ毎月である。
年金暮らしなのに、なにやっているの?!と怒られそうであるが、
もう、人生の最終コーナーを曲がり、残る時間もだんだん少なくなっているのを感じている。
体が動けるうちに旅行をしておこう!ということである。

そんな気分を天は察してくれたのか、5日の早朝、日の出の後に素晴らしい光景を見させてくれた。

それも、部屋付き露天風呂に浸かりながら撮影した。次々起こる景色の変化は目覚ましく、シャッターを押しっぱなしになるくらいであった。

それでは、その景色の一部を、

画像

雲の間から漏れた光がなんとピラミッドを作った。

友達の話によると、ピラミッドの建設を思い立ったのは、ファラオがこのような太陽がつくり出す光線のピラミッドを見て、同様な天に繋がる大建築物を作ろうと思い立ったのだとか・・・

しかし雄大な光のピラミッドにほんと驚いた。

画像

太陽光のスポットライト。まさに大自然の1点だけを照らす、巨大なスポットライトが出現。

画像

劇場のスポットライトのように、登場人物を次々と照らし出して行くようだ。巨大な自然の劇場を見ている錯覚におちいる。オペラの声も聞こえてくるようだ。

画像

照らされた森たち

画像


画像

舞台にはたくさんの登場人物が入り交じり、スポットライトも大忙しのようだ。

画像


画像

山の間から霧が立ち上り始めた。これも美しい。いよいよフィナーレが近いようだ。

画像

時間にして30分ぐらいだろうか。湯船に浸かりながらの撮影は、禿頭からも湯気がもうもうと立ち上がっていたに違いない。

体が熱くなったときは、湯船から出て、すっぽんぽんの姿で撮影。人には見せられない光景であるが、かまっていられなかった。ほんとうに素晴らしい光景の変化で、一生もうこれが見納めだろうなと感じた。

天然、自然の現象はほんとうに美しい。

尊敬するジョニー・ハイマス先生は、よく私に言っていました。

「天道虫さん!ほんとうに美しい景色は早朝に見られますよ。風景写真は暗いうちから起き出して、カメラをセットして構えてねらうんですよ。」

「雨をいやがってはいけません。雨が降っているから、カメラが濡れるからって写真を撮らないなんてもったいないです。雨が降ったら素晴らしい写真が撮れるチャンスなんですよ」

ほんとうに、先生の言うとおりです。たまたまこの朝は不眠症みたいになり、暗いうちから部屋付き露天風呂に入っていて、こんなチャンスに巡り会えました。眠れなかったのは、撮影のチャンスを知らせる神の啓示だったのかもしれませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

かめむし
2013年11月08日 07:33
素晴らしい光のショーですね
早朝、雨の日確かに素晴らしい景色が見れることが多いです。
それにしても天道虫さんの頭の湯気のショーも見てみたかったなあ
天道虫
2013年11月08日 09:12
頭から湯気のピラミッドができたかもしれませんね?
2013年11月14日 19:52
太陽の光線など好きなので撮りますが、こんなに素晴らしいのは見たことがないです。
それも露天風呂からというのがすごいです。

先生の言葉いいですね。でも、これがなかなか出来ない。
天道虫
2013年11月14日 21:41
露天風呂の縁に両肘をついて三脚代わりにしました。
のぼせそうになりました。
そうなんですよね。早朝の暗いうちに起きるのはつらいですね。特にこれから寒い時期はしんどいです。
森のきのこ
2013年11月20日 21:28
こんばんは

照らされた森ですが、日本離れしたような景色ですね。
混浴露天風呂?に浸りながら見られたら最高でよう!
天道虫
2013年11月22日 13:06
写真が大きくないのでわかりにくいですが、かなり紅葉が始まっています。写真展はこの写真かな?
混浴と言うよりも家族浴です。

この記事へのトラックバック