八重の桜と会津旅行②

2日目(6月11日)

会津の話に盛り上がって、かなり飲んだのだが、すっきりしている。焼酎だったせいかな?
楽しくてストレス解消したせいか? 環境がよく酸素が多いせいか?

画像

私が寝た部屋から見た風景。

家の前がもう水田!景色は良いし、遠くに山は見えるし、いいな~。冬は大変みたいだが、こんな所にすみたい。

画像

田んぼの方からE氏の家を見ると・・・大きな木がケヤキの大木、木に囲まれたところがE家。

画像

たねが飛んでいってわずかにたねが残ったタンポポ。なにか自分の頭を象徴しているな?

画像

本日最初は、如来堂激戦跡地。ここで新撰組の一部と新政府軍の激戦があったところだそうだ。

次は神指城跡。上杉がここにかなり大きい城を作る予定だったのが、家康の会津討伐で中断し、最終的に破棄された。その後、石垣の石は鶴ヶ城に運ばれたそうだ。ここの「高瀬のケヤキ」は巨大で城の縁にあったのが残された。国指定の天然記念物になっている。
画像


このあと、立木千手観音へ
画像

このお堂にあるのだが、一切撮影禁止。大きな垂れ幕が天井から下がっていて、観音様を見るのにお金を払い、ちょっとだけよという感じで幕をすこし広げてくれ、中に入る。幕との狭いすき間で仰ぎ見る参観である。

1本の大木を彫刻して作ったといい、根はそのまま地面に残されているということだ。

ここに春日八郎の「別れの一本杉」が100m先にあるということで探したが、それらしきスギは見つからない?おかしいということだったが、よく読みと「別れの一本杉の碑」とあった。そして、石の碑で歌詞が書いてあるものが木陰に隠れてあった。

次は熊野神社、長床。
画像


この鳥居の奥にある長床が面白い建物だ。かなり古い建造物で、平安朝の趣を持っている。太い柱もつぎはぎだが、地震には強い構造体で、大地震でもびくともしないで残ってきたのだろう。1089年建立だそうだ。

画像


画像


ここの宝物殿には重要文化財とされるものがかなり無造作に置いてある。
画像

木造文珠菩薩騎獅像、鎌倉時代初期の作とされている。ライオンの上に乗っているというのが面白いですね。こんな菩薩は初めて見ました。

午前中でもスケジュールびっしり。ツアー会社もびっくりというスケジュールで見て回った。

そして・・・・待ってました!

喜多方ラーメンです!!

一番の名店の店はなんと本日休業でした。ななななんと。

しかしここには喜多方ラーメンやさんがぞろぞろ。

画像

ちょうど駐車場が空いていたので、すんなり入って注文。
やはり喜多方ラーメンでしょう。
味噌ラーメン、野菜ラーメンなどもあったが、喜多方ラーメンの大盛りを注文。

うまいです。ラーメン大好き人間なので、実に幸せな気分。

冷やし喜多方ラーメンを頼んだ人もいたが、随分時間が掛かっていた。早食いの私が食べ終わる頃出てきた。でもこれもおいしかったらしい。

この後は、五色沼の毘沙門沼へ。

画像

ここも素晴らしいですね。沼の色が青くなっていて、遠くに磐梯山が。
ハルゼミ、ヒメハルゼミがわんわん鳴いていた。このセミってみつけにくいんですよね。私は片耳が聞こえないせいもあり、鳴いている場所を特定するのは不可能に近い。

画像


画像

鯉もいっぱいいた。でもなんでこんな錦鯉を放すのだろうね。錦鯉ってにんげんがいじくり回して改良した人工的な生き物なので、こんなに美しい自然には似合わないような気がするのだが。

画像

ダリの作品が置いてある、諸橋近代美術館が目に入り、寄ってみることになった。
岡本太郎の特別展もやっていたが、どうも私はこの人はあまり興味ない。

ダリは好きである。そんなこというのは「ダリだ?」なんて・・・

芸術なんて好き嫌いがはっきり出る。嫌いなものは嫌い、好きなものは好きという理由しかないのである。どっちが上か下かなどと言うことは芸術に関しては意味のないことだろう。

館内にはダリの彫刻、絵画がたくさんあり、うれしくなる。彫刻は撮影可、絵画はダメなので、彫刻を撮りまくった。一つ残らず全部撮った。
画像

時間の気高さ

ほかに一杯撮ったが、またの機会に載せたい。

この後は会津武家屋敷
画像

会津の歴史的建造物がならぶ、テーマパークみたいなものだ。
会津武士達の暮らしがよくわかる。家老の家はさすがに大きい。

画像

リアルに再現された人形もいろいろ置いてある。
家老のトイレ(厠)もあったが、1回ごとに下の箱を取り出して処理するんですね。これも面白かった。家老と言えば専務になるのかな?社長(殿)がお城なら、家老(専務)はこのくらいの家に住んで当たり前ですね。

そして、本日最後のメーンイベント!!東山温泉の日帰り入浴じゃ!

じいじいには温泉に勝るものはない!

東山温泉「庄助の湯 瀧の湯」である。2日分の汗を流して・・・・
画像


画像


湯質は単純泉。つるつるもぴりぴりもない普通のお湯だった。沸かし湯とあまりかわらないな~?
でも渓流の瀧のまえに風呂があり環境は抜群でした。

そして、今日もスーパーでお買い物して宴会。

今日は手作りの酒の肴を作ってみたが、好評だった。

しかし、今日も充実した1日でした。

この記事へのコメント

森のきのこ
2013年06月18日 19:59
幕末~維新では、会津お抱えということで新撰組が、長州等の志士を弾圧したりしたのでその反動で徹底的に叩かれたということもあったのでしょう。
でも反対に西南戦争では、かなり報復があったりしたらしく歴史は繰り返すですね。

喜多方ラーメン、おいしそうです!
天道虫
2013年06月20日 10:12
森のきのこさん
復讐の連鎖は人間の歴史でもありますね。喜多方ラーメンはさっぱり味で、でもコクがあり、おいしいです。
かめむし
2013年06月25日 06:51
今時期の水田は緑が綺麗ですよね。

いや~実に興味深い場所です。
ラーメン食べに、いきたかた。

天道虫
2013年06月25日 10:12
「い喜多方」ですね。座布団1枚。

この記事へのトラックバック