平湯温泉もずも

平湯温泉は久しぶりである。

むかし、高山に行った帰り、上高地の帰り、郡上八幡の帰りなど帰りに寄ったり、泊まったりしていた。
今回は、平湯温泉が目的で、平湯温泉で1泊して帰るという旅だ。

昔は安房峠を越えていったので、ものすごく大変だった。
車がやっとすれ違える道路をバスが走っていたのだ。大変難儀して、時間をかけて、平湯に来たが今回は安房トンネルができて、すいすいである。

この辺は温泉の鉱脈がおおいので、トンネルを造るときに熱水が噴き出したりして、かなりな犠牲者がでたそうだ。

いつも赤倉観光ホテルばかりもなんだから・・・というわけで、平湯に来た。

泊まったところは「もずも」

どういう意味ですかと聞いたのだが、分からないという。

もずも、スズメも、キジバトも・・・ということか??

画像


画像


部屋に露天風呂が付いている。しかも手の届くところに自然がいっぱい!
見通しは悪いが、自然の真ん中で風呂に入っているようで、これもまた楽しい。

画像


これは余分ですが、いい気持ちになっているところです。

共同の旅館の露天風呂は

画像


円形の囲い塀に円形の露天風呂、湯ッタリとしている。

名古屋から来られたお客と一緒になり、世間話をした。
ここの宿は評判がいいらしい。

日本旅館の伝統をまもりつつ、現代的な温泉宿である。

画像


部屋は、琉球畳で気持ちがいい。外の景色も広々としたガラス戸で自然の中にいる感じがする。

画像

寝室はふとん(マットレス)の和式で寛ぐ部屋と別になっている。

画像


廊下はバリバリの板張りで、すこしきしみ音も出る。
お湯は、鉄分が入っているそうで、風呂のヘリが赤い沈積物で覆われている。

もちろん源泉掛け流しで、各部屋の露天風呂も掛け流しで24時間は入れる。

翌日は新穂高ロープウエイで山岳見学に・・・しかし、曇りでまったく見通しがきかず、最悪。
高い搭乗券を買わされて、雲を見に行ってきた。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

かめむし
2012年09月29日 08:26
混浴だと恥ずかしくてもずもずしそうですが。
これまた、素敵なところのようですね。
お忙しそうですが、温泉でリフレッシュもされているようで安心しました。


天道虫
2012年09月29日 08:46
一人で入っても「もずもず」したよ~な気がする?
忙中閑あり、忙中に温泉あり、防虫に温泉アリ?

この記事へのトラックバック