井の頭かんさつ会

2~3日前、ネットで「観察会」を検索したら、「井の頭かんさつ会」をみつけた。

観察会のスケジュールを見たら、13日の夜行うと言うことであわてて申し込んだ。締め切りになんとか間に合い、参加することにした。

吉祥寺と接している「井の頭公園」に夕方6時30分スタートで園内の生きもののナイトウオッチングである。

夏休みのせいか、親子連れが多い。セミの羽化などが見られるというので、参加した。じつは、セミの羽化の写真ってまだ撮っていないんだ。

今日は、じっくり撮影はできないでしょうから、下見、ロケハンのつもりである。

画像


蚊に襲われると思って、虫除けスプレーをむき出しの腕、首筋など念入りにかけた。

6時30分集合場所の御殿山を出発。あたりは薄暗くなり始めた頃で、ヒグラシが盛んに鳴いている。総勢は60名くらいだろうか?120個の目玉で探せばいろいろ見つかるでしょうね。

しばらく歩くと、カラスウリの花が咲いていた。

画像

花が開く前の花

画像

じつに奇妙な花びらで、これで、吸蜜にくるガにアピールしているのである。

この花には、エビガラスズメがよくくる。みつのある所まで奥が深いので、口の短いガでは蜜の所まで届かないので、蜜が吸えないのだ。
実際、この観察会のカメラマンは、そのエビガラスズメの吸蜜の現場を撮っていた。

これは又来なくては。ここでじっくり粘れば撮れるかも知れない!?

弁財天の方に行くと、大きなヒキガエルがのそのそ歩いていた。

画像


私の2ヶ月前のお腹のように、超肥満腹である。
実は、椎間板ヘルニアで寝ているときに食欲が無くなり、5キロも痩せてしまった。
おかげで、ヒキガエルのような太鼓腹が急激にへこんでしまった。
空気が抜けたんかいな?と思うほど、しぼんだんです。あれは脂肪の塊だったのです。

しかし、これだけの人がいると、見つけるチャンスがものすごく増える。
この公園を知り尽くしている観察員の指導もありますが、目の数がちがうとこうもいろいろ見つかるのかと驚きである。

画像



画像

セミも羽化する為、地面から出てきて、歩き回り、木に登っている。

雑木林に行くと、つぎつぎとセミの幼虫が見つかる。かなり密度が濃い。

画像

オサムシ(多分アオオサムシ)の仲間2匹が、自転車にひかれて死んだミミズを食べている。
このままだと、オサムシも轢かれて死んでしまうと心配する親子がいて、そうか、それではとミミズの死骸をそ~っと引き摺って、道脇に移動させたが、驚いたオサムシは逃げてしまった。まあすぐに戻ってくるでしょう。

それにしても、自転車に轢かれるかも知れないという気遣いは虫を愛すればこそでしょうね。

観察員同士で連絡を取り合い、オオミズアオが見つかったとの連絡で駆けつけると、見事なオオミズアオのオスとメスが地面近くに止まっていた。

画像


画像

これはメスで、表側と裏側を撮ってみた。お腹が大きく、卵が一杯詰まっているようだ。

画像

オスは草陰に隠れるように止まっていて、撮りにくかった。触角が大きくアンテナみたいになっているのですぐわかる。

観察会は人数が多いので、観察員が7名ほどがリーダーになって、参加者を7つのグループを分割して、各グループがリーダーについて回る。

そして、珍しい物などを見つけると、連絡しあって、集まってくるのだ。

画像

なんとジブリ美術館の近くでカブトムシが見つかったということで又駆けつけた。
それは角の小さい、小型のカブトムシであった。

近年、乾燥化によって、腐葉土が充分に熟さず、栄養不足のカブトムシが増えているとか、NHKで放送していた。写真をよく見ると、カブトムシの下にクロゴキブリらしいものがいた。ゴキブリも野外の樹液をなめによくくるのである。

画像

目的のセミの羽化の写真も撮れた。これはミンミンゼミであろうか?

画像

これはアブラゼミで、見事なイナバウアー をやっていた。

また、撮影にこなくては、じっくり羽化する様子を連続で撮ってみたい。

このほかに、蛾の幼虫、ナナフシ、ウマオイ、コウモリ・・・・いろいろなものが見られた。
井の頭公園もバカにした物ではないのだ。

観察会後に親睦会もあり、参加した。
観察員の方がたと知り合い、みんないい人である。
一般的に自然大好き人間には悪い人はいません!断言します。

楽しい雰囲気で、じつに有意義な夜を過ごした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アン
2011年08月15日 11:19
観察会とても楽しそうですね。
初めて蝉の羽化を見たのは日比谷公園でした。
写真のようなヒキガエルが木の根元で待ち構えていました。木に向かってヨチヨチ歩く幼虫がいじらしくて、思わずカエルを追っ払ってしまいました。
巡回中のお巡りさんに途中、職質されましたが、目の前の蝉の姿を指差すと微笑んで暫し見入っていました。私はその後しっかり羽化を見届けて帰りました。
井の頭公園、まだまだ楽しい仲間がたくさんいるのですね。
新木場の若州公園にもおもしろい虫たちが結構いるそうですよ。
おはる(高久)
2011年08月15日 20:37
昨夜は観察会にご参加くださりありがとうございました。
忙しく動き回った中でこれだけのお写真を撮られ、さすがです。
じっくり撮られた写真を拝見するのも楽しみにしております。
これからも井の頭かんさつ会ともどもよろしくお願いします。
2011年08月16日 22:19
アンさま
セミの幼虫がかなり見られました。
翌日、翌々日カメラを担いで撮影に行ってきました。
無事撮影成功です。たしかに夜中懐中電灯にカメラをぶら下げて歩いていると怪しまれますね。
でも日本って安全です。けっこう女性が一人で夜中の公園を歩いています。アメリカでしたら、たいへんですね。
2011年08月16日 22:22
どうもありがとうございました。
とても楽しかったです。灯台もと暗し!近くにこんないいところがあるのにわざわざ車で八王子や町田の外れまで行っていました。こんごともよろしくご指導ください。
森のきのこ
2011年08月21日 08:25
自然観察は、身近な場所からですね。
井の頭公園にもオオミズアオがいるとは、驚きました。
天道虫
2011年09月01日 13:25
森のきのこ様
ほんとうに、身近なところにこんなにいろいろな虫がいたとは・・・!!
東京の多くの公園は殺虫剤が撒かれていることが多く、虫が1匹もいない公園などがありますから、そんなものかと思い込んでいました。腰が良くなるまで通いますかね。

この記事へのトラックバック