カイツブリのヒナ

ウオーキングのため、善福寺川沿いを歩いている。
1回だいたい往復で約15000歩。

いろいろなコースを設定していますが、このコースは緑豊かで、気持がよい。

そんなときに、川沿いの公園の池にカメラの放列があった。
ん?なんだ、カワセミか?
以前カワセミがこの池にしょっちゅう来て、鳥撮り屋さんが集まっていた。

でもカワセミではなさそう。カイツブリが営巣し、卵を暖めているらしい?

一人に聞いてみると、巣にヒナが孵って、親の背中に乗っているということ。

2日後、70~300mmのレンズを付けて、行ってみた。このところ鳥を撮ることが多くなった。

もう巣は壊れてしまっている。手前にあるゴミの塊みたいなものが、巣の残骸である。

そして、親(母親?)の背中にヒナがもぐっている。3匹がもぐっているということだ。

画像

親鳥の背中の後ろから、1匹がちょこんと顔を出している。かわいい!!

そして、父親?が獲物を捕まえてきて、ヒナに小魚を食べさせた。

画像

その瞬間を撮ったのであるが、やはり400ミリくらいないとはっきり分からない! ヒナにもピントが合っていなくて、よくわからない写真になってしまった。

両親の間に小さいゴミのようなものがヒナである。
えさを食べるときは背中から出てきて、水面に浮いて食べるようだ。

鳥撮り屋さんは、もちろん400ミリ以上の高級レンズで撮っている。

やはり、鳥は止めておこう!あれらのレンズを買うには30万~100万円はかかる。深入りしないように、残念ながら退散した。

大学のOB会で今年、写真部ができて、設立から私も参画した。
この写真部には、鳥撮り屋さんがいて、素晴らしい写真を撮っている。

http://blog.goo.ne.jp/bbutterfly/e/1a230d8cdcea605a56bc09802cb47051

カイツブリ以外もいろいろな鳥を撮っていて、自分の撮ったこの写真と、あまりの差に降参した。

やはり、私の撮るべき対象は昆虫だ!と改めて思った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

ジャスミン
2011年07月30日 15:00
 かわいい~ 泣けます!
こんなショットを撮れる方って良いですね。写真って伝わるのですね
天道虫
2011年07月30日 20:55
この方の写真はすごいです。
じっくりチャンスをねらって撮っているのですね。
そうです、写真って心が伝わります。

この記事へのトラックバック