桜だ!桜だ!

東日本大震災、原発事故と暗い報道の毎日で、気が滅入ってきています。

被災した方、亡くなった方、を思えばそんなわがまま言っていられないかもしれませんが・・・

そんなとき、近所の神田川、善福寺川の桜をかみさんと見に行った。


あまり地味な映画だったせいか話題にならなかったのかも知れませんが、黒澤明の「いきものの記録」という放射能恐怖症が主人公の映画はいろいろ考えさせられました。

「七人の侍」の後だっただけに、前のがすごすぎて、この映画はイマイチの評判だったそうです。

三船敏郎が老け役をやっていますが、なかなかの演技力です。
もっとも俳優は監督次第で名優にもダイコンにもなるので、黒沢の指導のおかげでしょうね。

原爆、水爆実験の盛んな頃の話で、中小企業の社長が極端な放射能恐怖症で、ブラジルに家族や従業員を移住させようと、独善的に行動を起こして・・・という家庭の悲喜劇をユーモラスに描いている。

また、見たくなって、TSUTAYAにあるかと思って探したら、黒沢作品が並んでいる中に、この作品が見当たらないので驚きました。どうしてだろう?


とにかくその辺の話はさておき、神田川も善福寺川も桜が真っ盛りで咲いていた。

桜は大震災なんか関係なく季節がめぐってくれば咲くのですね。
当たり前だけれど。なにか美しい花を見ているうちに心がなごみました。

神田川には枝垂れ桜がかなり植えられていて、今年はとくにきれいだった。
夕方だったので、ちょっと写真の色がイマイチ出ていませんが・・・

画像


画像


画像


画像




善福寺川はソメイヨシノがかたまって植えられていて、一斉に咲き、川面(コンクリートの味気ない川だが)に覆い被さるように咲いていてすばらしいかった。
ここでは、お花見をするスペースがあり、けっこうやっている人もいた。

画像


画像


画像




しばし、時の経つのも忘れ、原発事故も忘れ、かみさんに顔にも笑顔が一瞬戻った。
桜はいいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

TON
2011年04月17日 20:38
連日、余震が続いて暗い気持ちになりますが、先週、大倉山公園~太尾堤緑道・公園周辺、寺家ふるさと村の桜を観ながら散策しました。
「生きものの記録」をもう一度観てみよう。そのDVD(「どん底」と2作品をDB)を貸してもヨカですよ。
TON
2011年04月18日 21:50
「生きものの記録」は「七人の侍」の次作なので、おっしゃるように地味ですね。
でも「異説・黒澤明」(文藝春秋刊行)によると、
映画評論家A:黒澤作品Best10の2位、映画評論家B:4位ですよ。
天道虫
2011年04月27日 17:57
そうなんですね。知らなかった。
貴重な情報ありがとう。

この記事へのトラックバック