青蓮院門跡、青不動明王のご開帳とライトアップ

12月2~3日京都と宇治に行って来ました。

初日は、青蓮院門跡の国宝青不動明王のご開帳と、ご開帳記念の特別ライトアップを見に行きました。

2日は快晴です。11時半の新幹線に乗り出発。
新幹線から富士山がばっちり見えました。

画像


画像

もう雪がかなり積もっています。やはり、雪が少し積もっている方が富士山らしくていいですね。

夕方まで時間があるので、哲学の道の紅葉を見にゆきました。

画像


駅やホテルの紅葉情報によると、ほとんどの紅葉名所が「盛り過ぎ」になっていました。

散歩がてらに哲学にふけって歩くのもいいか!?

でも、あまり哲学的な話はでなくて、世俗的な話と夕飯の京料理の話などしながら、写真を撮って歩きました。

画像


画像


画像

ここも、紅葉は、盛り過ぎでしたが、一部にはまだ、盛り中のがあり、激写。

京都のモミジはやはりほかとは違いますね。
品種が違うのでしょうか?盆地の気候があっているのか?
とにかく、ほかで見るモミジよりきれいです。

結構、この道にはネコちゃんが多いです。
夕日に輝くネコちゃんを撮ってみました。

画像


夕方になり、開門は6時からと言うことなので、哲学の道からさらに歩いて、6時前には、青蓮院門跡に着いたのですが、人の列が・・・

画像

青の不動明王ご開帳のポスターです。写真撮影禁止なので、ポスターで我慢してください。
青蓮院門跡は皇族とも関係する、由緒あるお寺です。ご開帳は1000年ぶりとか言っていました。

不動明王は、大日如来の化身とされています。大日如来は、曼荼羅のなかでも中心に位置する仏様で、あまりにも偉すぎるので、その化身である不動明王が庶民には拝みやすく、お不動さんとして親しまれたと言うことです。

不動明王には5色あり、青の不動明王は不動明王の中で最上位に位置する、不動明王中の不動明王ということです。

今回の青不動明王のご開帳は、青蓮院門跡では、創建以来の初めての公開です。
過去には、大阪万博、平安仏画展、比叡山・高野山名宝展の3回しかご開帳されていないそうです。

今回のご開帳の理由は、

「道徳心の荒廃が顕著になった現代、辛い事件があまりにも多すぎます。
この混迷の世の中で、青不動の強いお力をいただいて、いろいろな問題を少しでも良い方向に導いていただきたいと考え、ご開帳を行うことにいたしました。」

とあります。

6時開門、ぞろぞろと人の流れに乗って進みます。
拝観料大人1000円、12月20日までご開帳しています。
特別ライトアップは14日までです。

撮影禁止のため、写真には撮れませんでしたが、薄暗い部屋に、ご開帳の青不動明王の絵が鎮座してました。不動明王の左右に子どもが二人います。ちょっと暗くて見えにくかったです。この絵を見るのが主目的なら、昼の方がいいでしょう。

また、祈願の用紙を渡され、お願いを祈願してくださいと言うことです。

さすがに「3億円が当たりますように」とは書けませんでしたね。
「国家安泰、国民平安でありますように!」と書きました。 ううっ、歯が浮きそう。家内安全のほうがよかったかな?

庭がライトアップされ、これは、ご開帳記念の特別ライトアップだそうです。

画像


画像


画像

モミジのライトアップは、あまりきれいではないのですが、園内のモミジがちょうど盛りで、けっこう見事でした。

画像

竹林も幻想的です。下から光りを当ててみるといつもと違って見えます。

画像

庭や塀も青くライトアップされ、きれいでした。

画像

巨大クスノキも夜のライトアップは、迫力があります。

いや~!なかなかよかったです。

見終わって、京都駅の和久傳で夕食、竹酒を飲みながら、舌鼓を打って、大満足でした。

京都料理は、おいしいどすえ。

次は宇治に行きます。 続く





ネツケ キュージョン デビルマン(不動明)
ラナ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック