最近見た映画

画像


最近見た映画ですが、映画館にはなかなか行けなくて、TSUTAYAから久しぶりにDVDを借りて見損なった映画などを見ています。

この中で、「アポカリプト」が面白かったです。

メル・ギブソン監督のマヤ時代設定の映画で、徹底的にリアルを追求していて、まるで、マヤ時代はこんなだったのかもしれないと思わせる不思議な映像の連続です。

俳優もスターを使わず、しかもマヤ語を使って、演じているそうです。

主人公がマヤ帝国の奴隷狩りで捕まって、そこから逃げて、逃げて、逃げてという、逃亡劇のはらはらし通しの展開がすごいですね。

密林を駆け回るシーンはすごいですが、この俳優はクロスカントリーの選手で国際大会で優勝もしているそうで、納得です。

ちょっと時代考証が不確かなところもあるようですが、面白かったです。

もしかして、つまらないかもとあまり期待していなかったのですが、最後まで目が釘付けになってしまいました。

ちょっと残酷な場面もありますが、異色の映画でした。

あと、今村昌平監督の映画作品を見直しています。
ほとんど一度は見ていますが、見直してみても面白いですね。

シーンとして忘れているところも多かったので、楽しめました。

「ブタと軍艦」は、かなり昔に見たので、ずいぶん忘れているところがあって、半分以上初めて見るような感じでした。

「楢山節考」はやはり、ユーモアと性の描写がおもしろおかしく、フランス人好みの映画なんでしょうね。 カンヌでパルムドールを獲得したのもわかります。

でも、人類の食糧危機の時代がきたらどうなるか、など考えると、この映画はそのへんを先取りしていたのではないかと思います。

食料どろぼうをした一家を村人が生き埋めにしてしまうシーン、年老いた母を山に捨てに行くシーンなど、考えされられます。

いずれ、世界的に食料が不足するのは明らかですから、そのときは、こんなシーンが実現してしまうのではないかと想像したりします。

今村昌平の映画は、まるでドキュメンタリーのようにリアルですね。
なんか、昔の映画の方が面白いのが多いような気がします。

「トランスフォーマー」も見ましたが、3D映像を駆使して、よくこんなにできるもんだな~と驚きですが、ちょっと子どもっぽい展開ですね。

「レミーのおいしいレストラン」は面白かったです。ネズミの集団が料理を作るシーンだけは、ちょっときもかったですけど。
しかし、コンピューターで映像をつくるとすごいアニメになりますね。

宮崎アニメも大好きですが、ピクサーのアニメ映画もみんな好きです。

虫好きなので、「バグズライフ」はDVDまで買ってしまいました。

やはり、映画は面白いですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年02月14日 23:50
一言、失礼します。
メルギブソンは爺がひかれる俳優兼監督です。
思想が明確で作品にすべてあらわれていますね。
この作品の最後のシーンは象徴的です。沢山の
ヨーロッパから押し寄せた船。・・・・・丁度、
食物連鎖を見る思いですね。より巨大な力に
収奪されていくことが暗示されています。
メルギブソンのこれからの作品は、資本主義
による収奪を描いた作品になるのではないかと
思っているのですが・・・あらゆる生物が
エネルギーの収奪システムを持っていますが
人間だけは足るを知りませんね。自己の肥大化
のために周辺からエネルギーを収奪していますね。
エネルギー消費大国のアメリカに追いつこうと
あらゆる国が真似をしていますね。エネルギーが
有限であることも忘れて。・・・
天道虫
2008年02月15日 10:34
ラストシーンは印象的でした。スペインの船が上陸するところをかいま見せて、この国の行く末を暗示させていますね。
アメリカのぜいたく病が中国、インドにも飛び火して、人類の寿命、地球の寿命を縮めていますね。このままですと、20年は持ちませんね。

この記事へのトラックバック