宇佐神社

年末、正月はかみさんが風邪でダウンし、さんざんでした。
元気が回復した、1月6~8日に大分の長湯温泉に湯治に行きました。
その帰りに、宇佐神宮に寄りました。

宇佐神社は、住所は、大分県宇佐市南宇佐2859、場所は、国東半島の付け根にあたるところにあります。

画像


この神社は、全国4万社の八幡宮の総本営だそうです。
全国の神社の総元締めというわけですね。
林や森があり、なかなかいい雰囲気の神社です。
創立は725年ですから、1300年も前になります。

画像


菱形池には、蓮の枯れた葉がたくさんあり、枯れた蓮の実も、なにかオブジェのようにたくさんでています。
花が咲く頃来たら、きれいでしょうね。
蓮の花は大好きですから、ぜひ、いつか見に来たいですね。

画像


上宮に入ると、おみくじを結んだものがきれいに並んでいます。
横から撮ってみると、けっこう面白い。

画像


八子(やこ)神社といわれるところには、ご神木が割り込むようにはえています。
クスノキで大きいですね。

社の屋根にぶつからないように、接するように生えています。
木がさきか?、社が先か?どうやって建てたのでしょうか?
ちょっと不思議な光景です。

画像


画像


上宮には一之御殿、二之御殿、三之御殿と三つの御殿があります。
それぞれに、賽銭箱があり、三回お賽銭をやらなくてはならないのです。

東京の神社はお賽銭箱は、一つだけしかないので、3回もやるのか~と、ちょっと戸惑います。
この御殿が並ぶ、中央に勅使門という立派な門があります。

画像


画像


この神社の建物、鳥居はいずれも朱色に塗られていて、色鮮やかなものです。
関東のほうでは、こんな朱色のきれいな神社はあまり見ないので、新鮮な感じがしました。

画像


画像


画像


西参道の方の川にかかる橋は「呉橋」といいます。
なんとこの橋には屋根がついているのです。
昔、呉の国の人がこの橋をつくったということで、この名前があるそうです。
映画の「マディソン郡の橋」を思い出します。
この映画は、ロマンティックな映画で、平凡な主婦と通りすがりのカメラマンの恋の話ですが、残念まがら、色っぽい平凡な主婦は見当たらず、腰の曲がったおばさんがいました。

この橋は、古くて危険なためか?通行止めになっていました。
ちょっと渡ってみたい橋ですね。

画像


画像


この橋のある川のまわりには、鳥が多くいました。

画像


ジョウビタキという鳥で、シベリアから秋に渡ってくる冬鳥です。
けっこう人家近くに現れるので、見た方が多いと思いますが、私は写真を撮ったのは初めてです。これはオスで、派手な色をしていますが、メスはもっと地味です。

画像


カルガモもお休み中でした。片足を引っ込めて休むのですね。
できるだけ、体温を保持するためです。頭も背中に潜り込ませています。
真ん中がメス、まわりにオスがメスを守るかのように円陣を作っていました。

画像


土手には、九州に多い、シロバナタンポポが見られました。
日がかくれてしまったので、花が閉じかけています。
私は、むかし、初めてこのタンポポを見たとき、どうしてもタンポポに見えませんでした。

東京では、タンポポは黄色いものと決まっているのです。
ところが、最近友達に聞いた話では、九州の人はタンポポは白いものと思っているそうです。

ところかわれば、タンポポもかわります。
でも、最近、東京でも、この花を見かけたことがあります。
昔からあったのか、最近になって現れたのかわかりませんが、
もしかしたら温暖化とも関係あるのだろうか?

九州一の神社ともいえるのだろうか、宇佐神社はなかなか面白かったです。
今度は蓮の花の咲く頃に来てみたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック