京都のハスを訪ねて

たまた、京都に行ってきました。7月の5~7日です。 今回は、ハスを訪ねて、寺参りです。
といっても、京都にはハス寺はあまりないのですね。

画像


とりあえず、ハスで有名な法金剛院に行きました。この寺は「蓮の寺」とも言われ、世界中の蓮を集めているそうです。ハス、アジサイ、花菖蒲が植えられ、また鉢に入れて並べられています。

JR嵯峨線の花園駅前にありますが、今回はレンタカーを借り、朝に駆けつけました。ハスは昼前には花を閉じてしまうので、ハスの花のため、この寺は、早朝7時から開園していました。

画像


大きな蓮池を中心に、まわりには、アジサイが植えてあります。また、鉢植えのハスもたくさんあり、変わった種類が集められています。
鉢植えのハスは、間近によって撮影できるので、下から広角レンズであおってみたり、接写で撮れたりします。

画像


ふつうハスは、池の遠いところにあり、望遠で撮ることが多いので、今までにないハスの写真が撮れました。

園内には、中高年の団体さんが多く、次々、人のかたまりが来ては、去って行く。

画像


画像


アジサイもたくさん咲いていて、変わったアジサイもありました。花びらが丸っこく反り返っています。
オタフクアジサイという名前がつけられているそうです。

本堂には、重要文化財の仏像があるというので、見に行きました。
おおっ!貫禄のある素敵な阿弥陀如来が鎮座していました。思わず、写真を撮ったのですが、ゆっくり堂内を見回すと、見えにくい所に、写真禁止と小さく書いてありました。

もう撮ってしまったし、目立たないところに書いてあるので、多くの人が、気付かずに撮っていくようです。

画像


この本尊以外にも、たくさんありましたが、張り紙に気付いた後なので、撮っていません。重要文化財だらけのようです。
この法金剛院は、平安時代からある由緒あるお寺なのです。

画像


小さいけれど、雰囲気のある良いお寺でした。
今回は蓮の寺をいくつか訪ねようと思ったのですが、京都には、ハスを売り物にしたお寺さんは少ないのですね。ちょっと意外でした。
なんといっても、桜、紅葉がやはり京都のお寺には似合うのでしょうか。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

うにママ
2007年07月24日 11:05
お寺と蓮は良く似合うような気がしますが、京都のお寺では少ないのですね~。
それにしても、蓮の花は優雅で極楽浄土をイメージしますね。美しい写真です。癒されます!
天道虫
2007年07月31日 12:02
どうもおほめをいただきありがとう!
ハスは大好きですね。先日館林のつつじヶ丘公園にある城沼までハスを見に行ってきました。かなり終わっていましたが、奥の方に咲いているのがありました。ほんとうに意外でしたが、京都はハスがあまりなかったですね。

この記事へのトラックバック