早春の花たち

都立神代植物公園で、仲間と写真撮影会をしました。
今日のねらいは、セツブンソウ、ウメ、シナマンサク、フクジュソウなどです。

画像


梅がたくさん咲いていて、もう満開のものも多い。
先に紅梅が咲くのか、紅梅の方が多めです。木ごとに名前が付いていて、それだけ品種を揃えているということです。

花のアップもいろいろ撮ってみました。

画像


画像


画像


紅梅もやはり、木によって微妙に違いがあります。

画像


色の濃いのから、薄いのまで、また花の形もちがいます。

画像


梅にウグイスではなくヒヨドリがきていました。
さかんに長いくちばしを梅の花に差し込んで蜜をなめています。
メジロもいるかな?と探したのですが、ヒヨドリばかりでした。
メジロは追い払われたのでしょうか?ヒヨドリは縄張り意識が強いので、他の鳥も追い払ってしまいます。メジロの方が絵になるのですが・・・

画像


これはなんだかわかりますか?
関西以西の人はすぐわかります。関東の人はまず間違えます。
このまえ松戸のほうの大学の講演でもこの花を使いました。

「タンポポって知っていますか?」
「では、この3つのうちタンポポはどれでしょう?」

といって、この写真と、ジシバリ、オニノノゲシの3点をみせると、だれも当たりませんでした。

これはシロバナタンポポといって、タンポポなのですね。
タンポポは黄色と固定観念を持っていると、ひっかかります。
関西以西にはあります。九州には多いみたいです。

画像


これはウグイスカズラの花です。可憐な小さな花です。
気が付かないで見過ごしそうですが、よく見るとかわいいですね。
もっと真剣にいろいろなカットを撮ればよかったな~、この1カットしか撮らなかったです。

どうも団体で撮影会をやると、一箇所に留まってじっくりねらうということができません。わいわいやるのはとても楽しいですけれども、気のむくままに留まれないのがつらいですね。

画像


今日の主役のセツブンソウです。
かわいい花で、初めて見ました。園内の1ッ箇所だけに生えていて、ここでは、貴重な花ですね。

画像



葉がコスモスみたいです。ニリンソウの葉に似ているものもあります。
節分の頃咲くので、名付けられました。

画像


福寿草です。これは、園内に自然状態で生えているものも多く、写真を撮りたくなる花です。
名前もなんか縁起がよさそうですね。

画像


シナマンサクです。中央に赤いところが花で、花びらが変った形をしています。
マンサクというのは在来種ですが、これは中国から渡ってきたものです。良く似ています。

名前は、「まず咲く」からきているそうです。葉も何も出ていないときに、花だけつけるからと言われていますが、梅や桜も「まず咲く」ですね~。どうしてくれんだ!

画像


品種がいくつかあり、花の色が違います。紅色やどどめ色のような色のものもありました。

画像


ツバキ園ではツバキがたくさんありますが、やはり、自然の原種のユキツバキ、ヤブツバキがいいですね。

ツバキは、外国に渡り、人気が出て、品種改良され、だんだん派手な八重やら、たくさんつくられましたが、日本古来の原種の方がひっそりと、控えめで、清楚な日本女性を思わせて好きですね。

画像


画像



白梅と木瓜です。園内をくまなく歩き回り、こんな冬でも撮るべき花はここにはたくさんあるようです。

冬芽や葉痕も面白いのがたくさんあります。

久しぶりに自然相手の撮影で楽しかったです。
1日があっという間に過ぎてしまいました。

ここは、1年中次々と花が咲き、素晴らしいところです。
次はサクラのころですね。

クリスマスローズの特別展示もやっていました。クリスマスローズがこんなにいろいろあるのは知りませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック