京都北野天満宮初天神

24~26日にかけて、京都に行ってきました。
よく行くな~という人もいるでしょうが、京都は尽きない泉のように、興味の尽きない面白い所、おいしいもの、楽しい行事があります。

画像

今回は北野天満宮の初天神です。
縁日は毎月あるようですが、初天神は1年で一番
大規模な縁日で、骨董市などもかなりたくさんの店がでます。
縁日の出店も京都ならではのお店がたくさんあり、面白かったです。

画像

ろうそくと線香を売っている店です。東京ではこんな店みたことないです。

画像

和ろうそくまであります。さすが京都ですね。

画像

丹波の干し柿です。私は干し柿が好きなので、もちろん大袋に入ったのを買いました。持って帰るの大変ですが、つい買ってしまいます。

画像


画像

境内には梅が咲いていました。今年は早すぎるとみんな言っていました。とてもいいにおいです。今回は一眼レフを持って行きませんでしたので、写真の質はイマイチですがお許しくだされ。

画像

ここの狛犬はなんと角があります。一角狛犬ですね。
また、牛が寝ている石像もあり、みんな自分の悪いところを触って直すのだそうで、つるつるに光っていました。

画像

正月に、神社で書き初めもやるそうで、そのときの作品が所狭しと飾ってあります。

画像

境内の外の通りには、骨董やさんが一杯ならんでいます。
これも面白いです。東京では少ない、和服の古着やがたくさんあり、きれいな絹の豪華な生地の和服が安く売っています。
画像


画像

外国の人も多く、古着やさんは大繁盛です。まるでバーゲン会場みたいに引っ張り合いをやっています。かみさんもこどもの用の晴れ着をかってしまいました。生地が飾りになるそうで・・・

画像

おひな様の古いものをごちゃごちゃ売っている店もありました。

画像

おおっ!ネコの置物が多数。買いたいけど我慢しました。
干し柿よりこっちだったかな?!反省。

画像

韓国の骨董も売っていました。古そうな青磁など、けっこう高そうでした。

画像

おおおっ!!!!これは、私が昔つくったエリア教科事典ではないですか、なつかしい!
 思わず写真を撮ってしまいました。
かみさんと知り合ったのもこの本が縁でした。遠い昔ですね。
値段は聞きませんでしたけど、もう貴重品かもしれませんね。

画像

これは針山です。芸術的ですね。こんなところにも日本の芸術的感性が出ているとは、かわいいのばかりでした。裁縫するときの針を刺しておく所です。かみさんは二つ購入。飾りにするようです。

画像

このあと、かみさんがどうしても、正月に行った今宮神社にもう一度ゆき、あぶり餅がたべたいというので、いきました。
この前のは、お持ち帰りで、お餅が固くなっていて、家に帰ってから食べたのですが、チンしてから食べたので、べたべたしておいしくなかったということなのです。
リベンジしたいというので、行きましたら、初詣のときのにぎわいはうそのように、人っ子ひとりいないような神社で、とても静かでした。

画像

そして、神社の横のあぶり餅やはがらがら。ほとんど無人のあぶり餅屋に入り、焼きたての念願のあぶり餅をゆっくりと、頼んですぐに食べることができました。
店はがらがら、二軒の店は客引きをし、店員はお茶ひいてました。

画像

あのときがうそのようながらがらの店内。

画像

焼きたてのあぶりもち、うまかったどすえ~。京都はいいところどす。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック