京都の大晦日

画像


京都の大晦日と元旦を経験しに1月31日~1月1日1泊2日で行ってきました。
京都、奈良と何度か大晦日と正月を経験しに行ってます。
やはり、日本人の心の故郷ですかね、古都の正月はすてきです。

31日朝4時起きで4時40分の始発に乗って東京駅に
朝は電車の本数がないため、乗り継ぎがうまく行かないため、しかたなくこんな時間になってしまいます。

JRのホテル付きの割引1泊ツアーに申し込んだもので、そんな安いものですと、だいたいこんな時間になってしまうのですね。

飛行機の国内旅行、海外旅行でも格安は、出発が、えらく早い時間か、えらい遅い時間になります。

東京駅6時10分発、ひかりで京都に。
前日も興奮もあってか、30日の夜は、ほとんど眠れませんでした。

新幹線では爆睡、あっという間に、京都に9時前に到着。
ホテルに荷物を預けて、町に出ました。

真っ先に行ったのが、「ふたば」という京菓子の店。ここの豆大福がうまいんです。

画像


地元の人に人気の店で、いつもならんでいます。
まめ大福も今日中に食べてくださいという鮮度が大事で、餅が固くなったりするとおいしくないのです。甘みも抑えてあって、なかなかおいしいですよ。

私は、昔、大福なんて、絶対といっていいくらい食べなかったのですが、おばおじさんになってから食べ物の好みがかわってきました。(笑)

そして、錦市場へ。

画像



京都の雑煮はこの白みそでつくります。みそ汁というより、ちょっと甘いかんじの汁で、丸い餅が入っています。初めてみそ仕立ての京の雑煮を食べたとき、正直違和感がありましたね。もう慣れましたが。

画像


京都のおせち料理ですね。ところかわれば品変わるで、東京とはいろいろ違います。
京都の味は薄めですけど、おいしいどすな~。醤油ではなく、昆布とカツオのお出汁をきかせるのですね。 関東はなんでも醤油味で濃いですから、ずいぶん違った味です。

画像


京野菜もたくさんありました。人参は濃い赤色で、エビ芋、聖護院大根、京菜などなど関東ではあまり見られない野菜が多くあります。

画像


川魚料理もたくさんあります。琵琶湖が近いせいでしょうね。ナマズの蒲焼きなんていうのもありました。コブナ、モロコなども生きたのを売っていました。台の下に生きた小鮒など少し見えます。

画像


京極の町中に小さなお寺?があり、きれいに飾ってあります。
こんなてるてるぼうずみたいなのもありました。

画像



しめ縄、松飾りも東京とはずいぶん違います。
ひととおり、錦を見て歩き、コヒーをのんだり、店をのぞいて歩いたり、京都の大晦日を肌で味わいました。

いろいろ荷物も増え、ホテルもチエックインになったので、いったんホテルに帰り、部屋へ。荷物をおいて、そして、再び町へ。
デパートで買い物したり、これはかみさんが一人でデパ地下に。私は入り口近くの椅子でいねむり。そして、ホテルに夕方もどり、また荷物をおいて、夜まで一眠りといっても2時間くらいでしょうか、とにかく寝ることにしました。

そして、四条へゆき、年越しそばを食べました。

画像


私が食べた年越しそばスペシャルです。うまかったです。
権兵衛とか有名な店に行ったのですが、行列をつくっているのでパス。
「おかめ」という地元の人がよく行く、地味なそば屋にゆきました。けっこうおいしい店です。
先斗町などうろうろして時間をつぶし、

画像


そして、除夜の鐘つかしてくれる「青蓮院」という寺にいった。
11時をまわっていたが、すでに長蛇の列。
やはり、メインイベントなので、我慢して並んでいました。11時45分ごろから鐘を突き出して、列がやっと動き出しました。待つこと1時間以上。

京都のこの日の夜は、この冬の最低気温だったそうです。
盆地の夜は冷えます。かがり火には人だかり。

画像


やっとたどり着いた鐘です。ふつうのお寺は108回しかつきませんが、ここは並んだ人にはすべてつかせてくれます。もっとも1時には行列は打ち切りですけど。
すごく澄んだよい鐘の音で、心洗われるかんじです。煩悩がひとつずつ消えていく感じ。

四苦八苦といいいますが、四苦(4×9=36)八苦(8×9=72)、36+72=108になるんですね。108というのはここからきているのかしら?

鐘をつき終わって八坂神社へ。

画像


ものすごい人出である。すぐに止まってしまい容易に動かない。もう午前2時を
まわっていて、このままでは、ホテルにいつ帰れるかわからない。
しょうがない八坂神社はやめにして帰ることにした。

そしてショートカットして、八坂神社の前の通りに出たら、すごい人の群れが交通規制で並んでいた。ひぇ~~~!すごい!びっくりです。歩行者天国になっていたけれど、午前2時を過ぎているとはおもえない人通りです。

画像


もうとにかく歩いて、ホテルまで。
帰り着いたのは3時をまわっていました。30日から元旦まで、合計しても7時間も眠っていない。とにかく眠くて、死にそうに疲れました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年01月12日 01:44
はじめまして。
私も年末年始を京都で過ごしました。
大晦日は私も八坂さんへ行きましたよー!
21時頃だったと思います。
まだ早かったので余裕でお参りできました。(早過ぎ…)
四条通りが一通になっているのはびっくりしました。
京都の大晦日は町全体が年越しイベント会場って感じでしたね。
錦市場楽しそうですね。
行きたかったんですが時間が合わなくて行けませんでした。これを見たらかなり行きたくなりました。
リベンジで市場と豆大福!
2007年01月12日 13:37
こんにちわ。
お正月にようおいでくださいました京都に^^ 色々とまわらはったようどすけど、混雑は大丈夫どしたやろか? 観光客の方がきてくれはるのはええんどすけど、シーズンに集中すると、大混雑を招いて大問題にここ京都ではなっとります。市長・知事と頭を課か取る問題の一つどしてなんとか早期に解決してもらいたいと地元民としてお願いしたいもんやと思うとりますや。^^
そやけど、おいしいもんを食べてたのしまはったようどすし、良かったどすな^^ またきます^^
天道虫
2007年01月12日 18:08
京都の正月は面白いですね。ほんとに町中お正月を楽しんでいる感じがします。錦市場は楽しいですよ、狭いけどわいわい押し合いながらみるのも楽しいです。大晦日の時が1年で一番面白いのとちがいますか。
天道虫
2007年01月12日 18:11
京人

京都は四季を通じて楽しいですね。京都に住みたいくらいです。ちょっと車を走らすと、自然は一杯ですし、食べ物はおいしいし、水もおいしい。ほんとにいとこと思います。

この記事へのトラックバック