テレビチャンピオン奮闘記(6) 「サルとの戦い」

お待たせしました。第3ラウンド、いよいよサルとの対決です。
これは立川にある、昭和記念公園で9月3日に撮影しました。

最初の予定では、8月30日を第一ラウンド、9月1日を第2ラウンド、9月3日を3ラウンドと決勝ラウンドということだったのですが、第1と第2を同じ日にやってしまったのですね。

これは司会者のタレントのスケジュールにしばられてしまったからです。
じつは、8月30日は私の誕生日でした。もしかして、この日だったからついていたのかかもしれません。

かみさんには、どうせ直ぐに負けて、早くかえれるよ、なんていって、家を出たのですが、しぶとく劇的にクリアしたので、Happy birthdayで用意していた、シャンペン、辛口の日本酒、刺身で一杯、どころではなくなってしまいました。

30日の競技が全てが終わって、帰宅したのが、午前2時頃で、もうくたくたでした。
ほんとに、もう寝るだけでした。そして、翌日は死んだようになって、夕方まで寝てました。

この日の撮影場所は、昭和公園の芝生の広場での撮影です。
天気もよく、温度も午前中はそれほど上がらず、気持ちの良い湿度で、あの日から4日もたち、元気回復絶好調です。

じつは、9月3日は先にも書きましたが、私のための送別会を兼ねた温泉旅行の日だったのです。とにかく、第3ラウンドはたぶんすぐに負けるから、夕方には駆けつけられると思うということで、旅館の宿泊と夕食は押さえてありました。

計画書にも書いてありましたが、第3ラウンドは、猿回しのサルと竹馬、三輪車で競争するというやつです。

このサルは、栃木県日光の方からきたのですが、当日、朝の渋滞(交通事故があったらしい)に巻き込まれたとか、9時ごろには、到着する予定になっていたのですが、お昼近くになって、やっと到着しました。

日光からきたというので、有名な日光サル軍団のサルかなと思ったのですが、違いました。アシスタントディレクターの話ですと、あそこのサルは出演料が高いのだそうです。予算のあまりないテレビ東京はけっこう切りつめてやっているみたいでした。

まだ、名もない零細企業の猿回しでした。

画像



 (竹馬の練習をするMさん)

お猿さんを待っている間に、竹馬の練習をやることができました。芝生の上ですから、転んでも怪我はしないし、思い切って練習ができました。

竹馬は、でたとこの一発勝負でやるしかないかと思っていたので、この貴重な練習時間は助かりました。

これも、奇跡の一つかもしれません。
私は、最初、靴をはいてやっていたら、ぜんぜん駄目で、やばいかなと思ったのですが、裸足でやったら少し昔の感覚を思いだしてきて、何度も倒れながらも、次第に長くはないですが、なんとか乗れるようになってきたではないですか。
ぎこちないよちよち歩きですが、前に進んで歩いてゆけます。

また、三輪車も最初まったく脚がひっかっかってペタルなんか踏めなかったのですが、しばらくやって、足をうんと横に出せば、こげることがわかってきました。そして、慣れてきたらなんとかこげるようにまでなってきました。

サルが事故渋滞に巻き込まれてくれたおかげで、竹馬と三輪車になれて、乗れるまでになってしまったのです。日頃渋滞は目の敵ですが、今日に限って、渋滞さまさまです。

画像


 (日光からきた、若い雄ザル「トウマくん」、もう1頭雌の若い子がいました)


今日は、3人で、動物の行動に関する映像の問題です。
映像を途中まで見せて、このあと、この動物はどんなことをするでしょうかを当てるのです。

分かったら、早押しボタンを押して、さらに、サルとの競技に勝てば答をいえます。サルに負ければ、分かっていても答えられず、次のひとにサルへの挑戦権が移ります。

問題がわかっただけでは、答えられないのは第一ラウンドと同じです。

画像



(早押しをする場所つくり、このテーブルに3人並んで早押し)

用意が整ったのですが、なんと早押しのボタンがうまく働きません。この修理にまた時間がとられ、始まったのが昼飯を食べてからということになってしまいました。

はやく終わって、旅館に駆けつけなくては・・・と思っていたのですが、いたずらに時間が過ぎてゆきます。

モデル派遣のところから、若い女性が二人きました。
競技のコースのゴールのところで、ヒモを持つ係です。
この二人は、最初ヒョウ柄模様のミニスカのビキニという服装できました。

準備ができて、撮影というときに、待ったがかかりました。ビキニはまずいというのです。急遽、車を走らせて、Tシャツを買いに行き、上にそれを羽織ってやっとスタートです。

画像



 (ゴールでひもを持つモデルさん。Tシャツを着せられてます)

この番組はファミリー向けで、小学生に人気があるのだそうです。小学生には、ビキニ姿のおねえさんは刺激が強すぎるというのです。けっこう、教育的な番組なんですよね。
おじさんたちは、前のビキニの方がよかったんですけど!?

さあ、やっとスタート。オープニングは3人そろって、やるぞ!というところを見せるのですが、私は、サルの真似などをして、一人目立ってました。

最初の問題はベローシファカというマダガスカルのキツネザルの仲間が出てきて、このサルが木から下りてくるところで、映像がストップ! 
「このあとこのサルはなにをするでしょうか?」というのが問題です。

私は、動物の記録ドキュメントのTV番組が大好きで、この手の番組は必ず見ます。ですから、この問題はすぐ分かりました。

早押しもおかげさまで1番でした。そして、サルとの三輪車対決。
スタートラインにトウマ君と並びます。

このサルは若くて、気が弱そうです。
ニホンザルは、雄でも雌でも序列が厳しくて、自分より強いと思った者には、従います。

猿回しのサルも同じです。猿回しはいつもお前より俺の方がえらいんだぞというのをしめしつけて、芸を仕込んでゆくわけです。

三輪車に乗って、出発というときに、この若ザルをぐっとにらみつけてやりました。目と目をがちんこで合わせるのです。そうすると、気の弱いサルは、自分の方が下ですとばかり、遠慮するからです。

にらみつけると、サルの目が上の空になりました。
しめしめ、弱気になっているぞ、そしてスタート!
私は、のそのそスタートをしたのですが、本来すごいスピードのサルの三輪車がもたもたしてます。止まってきょろきょろしてます。

画像


 (気の弱いトウマ君。後ろは司会者の山崎さん)

私は足も折れよとばかり、必死になってこいでゴールイン。
おサルに勝ちました。
そして、解答、正解で、ワンポイントゲットです。

ついでに、どんな風に地面を走るかやってみてください。
なんて司会者に言われ、真似してやりましたよ。
このサルは、地上に降りると、地面を横っ飛びに2本足で走ってゆくのです。

次は、カンガルーの雄が2頭出てきて、ボクシングを始めました。
そこで、映像ストップ! 「このあとカンガルーはどんなことをするでしょう?」

ピンポン!早押しでまた当たりです。今日はこの前と違って快調です。

そして、サルとの竹馬競争。今度は雌のサルです。

この競技の始まる前に、ディレクターがサルの竹馬を乗るところなど見てまして、このサルの竹馬の早いこと早いこと、これは全く勝負にならない、面白くならないと判断して、サルにハンディをつけることにしました。

それは、すごい長い竹馬です。これでは早く走れません。
そして、スタート!

さっき練習したかいがあって、よたよたですけれども、竹馬に乗れます。
ほんとにえっちらおっちらのスピードだったのですが、ころばず倒れず、なんとか必死の形相で(あとでTVを見て驚きましたよこんなすごい顔して乗ってたの?!って)

ところが、おサルはあまりにも長い竹馬のせいで、なんとコースアウトして、竹馬から落ちたりしていたんです。

私は、相手がどこにいるか分からず、ただひたすら必死の形相で、鬼のような顔をしてえっちらおっちらしてましたので、そんなことは知りませんでした。放映になってはじめて知りました。

そして、ゴールイン、これも正解して、なんとあっという間にクリアです。カンガルーの雄はボクシングだけでなく、けりをいれるんです。しかもシッポでからだを支えて、両足げりです。

ええ!、ということは、決勝ラウンドに進んじゃったということ?!温泉やはり駄目かな?ちょっと心配になってきました。
決勝ラウンドに早く負ければ終わりも早まるし、なんとか宴会までにはぎりぎり間に合うかな?

なんて、TVチャンピオンより、温泉の宴会の方が気になってしかたなかったです。

このあと、Sさんがクリアして、Mさんがリタイア。
勝敗が決まったところで、ディレクターから、みなさんがサルに負けるシーンを撮りたいということになりました。

じつは、人間の圧倒的勝利だったのです。
トウマくんは気が弱くて、本来三輪車で圧倒できる技量がありながら、負け続け。

竹馬もハンディがひどすぎて、やはりサルの全敗でした。
そこで、もとの小さい竹馬との勝負。

これはどうやっても、勝てません。
そんなシーンをいろいろ入れて3ラウンドは終了しました。

3ラウンドで負けて、みんなの待つ温泉へというもくろみは消えてしまいましたので、旅行の幹事に、「3ラウンドに勝っちゃったよ、でも遅くなってもなんとか駆けつけるから。」と伝えておきました。

幹事は「ええっ! ホントですか! もうこちらのことはいいですから、競技に集中して、がんばってください!」と励まされてしまいました。

そして、いよいよ決勝ラウンド!です。

続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カムーロ見や毛
2006年11月19日 02:33
テレビ見てましたよ~、家族4人みんなで。手に汗して興奮のひとときでした。
「うわっ苦しそう、うわっスゴイ!」なんて言いながら。
僕は興奮して録画したビデオ、親戚や色んな動物好きにダビングして送りました。
天道虫
2006年11月20日 12:28
★カムーロ見や毛さん
どうもありがとうございます。いろいろ感想をいただきましたね。大切に保存してありま~す。

この記事へのトラックバック