テレビチャンピオン奮闘記(5) 「第二ラウンド」

でも私は、これで解放されるというむしろ安堵感みたいなものを感じました。部内旅行も計画され、どうせすぐ負けるからと、予定通りに旅行の計画も進められていたのです。日光湯元の温泉です。

これで、温泉に行けるぞ!という、むしろうれしい気持ちがわき起こってきたくらいです。

ところが、相手は答を間違ってしまったのです。
オスかメスか答えて、さらに、どうしてかその理由をいうのです。理由まで正しくないと正解にはならないのです。

彼は、メスと答え、その理由を間違えてしまいました。
私の番です。もう二人なので、間違えたらかわりばんこに答えます。スタッフも予想外にもつれ込んだため、イライラし始めているのがわかります。

そこで、私はメスでないならオスかなと、オスと答えそれなりの理由もつけたのですが間違です。、そしてまた彼の番でまた、間違えました。

次はまた、私の番ですが、その間疲れてぼーとした頭のなかで、昔作った図鑑でトナカイの冬の食べ物を扱ったことを思いだし、晩秋に角を落としたオスは、エサの場所を巡って角のあるメスに追い払われることを思いだしたのです。つまり、クリスマスのころは、メスには角がありますが、オスには角がないのです。サンタのトナカイは確か角がありました。わかった!

そして、もう一度チャンスが来て、「答はメスで、オスにはその時期に角がない」と答えて正解! もう土壇場の体力の限界状態での大逆転でした。

放映されたものでは、このへんの間違って、何度も順番が回ったことはカットされました。最後に、トナカイに私のニンジンが食べられるところを撮影して、やっと、私にとって、長い、長い、第1ラウンドは終わりました。

このように、第1ラウンドでは、問題の答えに間違ったところの部分は、ほとんどカットされていました。

このあと、遅い夕食をゾウの国の食堂(ここは第2ラウンドの臨時スタジオに変身していました)で食べ、ほかの3人の選手たちは休養十分です。食事をして、私だけ休むまもなく、第2ラウンドが始まりました。

第2ラウンドは、赤ちゃんあてクイズと動物の鳴き声当てクイズです。

赤ちゃんの一部しか写っていない映像を見ながら、早押しで名前を当てるのです。また、動物の鳴き声を聞いてその動物の名前を当てる早押しクイズです。

私以外はもう休憩十分で、昼寝した人もいたくらいです。
疲れきっている状態でのスタートで、正直反射神経はかなり鈍っていました。しかも苦手な赤ちゃんを映像から当てる問題から始まりました。

休憩十分で、空手3段という移動動物園園長のSさんは、ボタンを押すのも驚くほど早く、私が分かってもランプがつかないという苦戦でした。

でも、赤ちゃんあてクイズは、動物園関係の人の方が有利ですね。動物園では毎年なにかの赤ちゃんが生まれ、現物を見ているからです。

図鑑をつくっていると、ほとんど成獣しか図鑑に載せません。赤ちゃんが親とまったく違うなどの特徴があるときは、赤ちゃんも載せますけど、ごく限られた種類です。

ですから、私は赤ちゃんは苦手だなと思ったわけです。
そして、赤ちゃん当ての早押しクイズはどんどん進み、私だけゼロ行進で、一人だけリタイアに対象になりました。

つまり、最後の残り2問の前に、4:2:2:0になってしまいました。あと2問ですから、これで、私以外のだれかが1問でも正解すれば、私はリタイア決定です。

まあ第2ラウンドまできたので、満足だな!そろそろ、リタイアのコメントでも考えなくては・・・

と思ったら、赤ちゃん問題は終わり、動物の鳴き声当て早押しクイズに入りました。鳴き声なら、動物図鑑の付録で鳴き声テープをつけたことがあり、録音テープを編集の段階でなんどの聞いているので、少しは分かるかもしれない。


ここで、絶対絶命のとき、幸運にも知っている鳴き声がつぎつぎ出てきたのです。パンダの声、シマハイエナの声と、立て続けにわかり、一番早く押せて、正解!

なんと、どたんばでSさん以外、2:2:2で並び、決勝になってしまいました。助かりました。これも奇跡的でしたね。

Sさんは当然クリアして、3人で決勝、正解者からクリアしてゆくということになりました。問題はまだ鳴き声です。

決勝では、フクロテナガザルの声が流れ、私がボタンを押して、解答して正解!第2ラウンドクリアです。

なんと絶体絶命から生き残ってしまいました。そして、あとの二人から、女性がリタイアになってしまいました。

ほんとに、この番組に出て、人生を感じたというのは、うそではありません。運がよかったというだけではないように感じました。

いつも、あきらめかけて、無心の心境になると、勝ってしまうのです。勝ちたい、勝ちたいと思っているときは、全く勝てず、もう十分だな、こんへんで終わりになるのかな・・・なんて考えて、無心に答えると正解してしまうのです。

こうして、予想外に私は、第3ラウンドに進むことになってしまいました。

第3ラウンドはいよいよ、猿回しのサルとの竹馬、三輪車の決戦です。立川にある昭和記念公園でやることになりました。

続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック