テレビチャンピオン奮闘記(10) 「賞金など」

この番組が放映される日、私は、友達たちから、一緒に見ようという申し出があり、出かけてゆきました。そして、番組が終わったあと、お祝いだ!とばかり、飲んで遅く帰ったのです。

飲んでいた頃、自宅に電話が殺到したそうです。かみさんがてんてこ舞いで受け答えして、なんにもできなかったと、いっていました。

会社では、社内放送で今日、私がテレビに出るので、見てくださいとの放送があったそうです。

親戚、友人、知人にもメールやらで連絡してあったので、見たよ!という返事がたくさんありました。

なかには、一家でそろって見て、大笑いしました。家族でいっしょに同じ番組を見るのは、正月以来の久しぶりの出来事です。 なんていうのもありました。

甥、姪からもおじさんを誇りに思います。なんていうくすぐったいメールも殺到しました。重ね重ね、マリリンでなくてよかった。親戚一同も見ていたんですよね。

1ラウンドで敗退して、マリリンを放映されていたら、親戚一同、もう口もきいてくれなかったかもしれません。これっきり!おじさんとは縁を切らしてもらいます。なんていうことになっていたかもしれない。

最後に賞金についてです。

●1ラウンド、2ラウンド敗退選手
 出演料2万円+交通費

●3ラウンド、決勝ラウンド敗退選手
 出演料3万円+交通費

●優勝者
 優勝賞金50万円+交通費

優勝賞金以外の出演料、交通費はプロダクションの負担で、優勝賞金はテレビ東京の負担です。出演料、賞金から10%所得税が引かれます。

優勝者と決勝敗退では、47万円の差があるのです。
Sさんに後できいたら、移動動物園用の車を改造したくて、どうしても50万円が欲しかったといっていました。それで、あんなに緊張したのでしょうかね?

このお金をめぐっては各方面からいろいろ、申し出がありました。
・そのお金で、みんなで温泉にゆこう!
・そのお金で、優勝祝賀会をやろう!これはあちこちから申し出が
 ありました。

結局、ずっと欲しかった、一眼レフのデジタルカメラの、ちょうど発売になったばかりのcanon20Dとマクロレンズなどのレンズ類、ストロボなどを購入し、全部使い切ってしまいました。

ケチと思われるかもしれませんが、一気にぱっと飲んでしまったり、遊んで使ってしまうよりも、後に残るものの方がいいと思ったからです。

一時的に人におごってやって人気を得ても、人はそんなこと直ぐ忘れてしまいますから。第一、きりがないんです。彼には、おごって、俺はまだだなんていうのが、いくらでも出てきます。
無駄なお金になります。それにもう会社をやめた人間ですからね。

そのカメラで今、いろいろ昆虫などを撮っています。

その後とくにテレビ局からお声もかからず、もとの平静な庶民に戻ってくらしています。
2回目、3回目とあれば、チャンピオンとして出なくてはならないんでしょうけど、まだ、ありません。1回だけのチャンピオンもけっこうあるようですね。

なかなかいうことをきいてくれない動物相手なので、「おもしろ動物王」はもうないかもしれませんね。

先日は、「動物園王」というのをやっていましたけど、旭山動物園で、どうぶつの指定されたシーンを撮影するとか、ここはどこの動物園でしょうとかいう問題で、全国くまなく動物園を回っている業者さんなどが活躍してました。
私にも出場者を紹介して欲しいとか話がきて、私も一応応募しましたが、やはりこのテーマでは私には無理でしたね。

G社から、動物関連のお仕事がきて、今もまだ制作中ですが、とくにテレビに出たからといって、変化はなかったです。

というわけで、長い連載になってしまいました。 これで奮闘記は終わります。

いろいろ暴露してしまいましたが、先にもいいましたけど、エンターティメントの番組なので、仕方ないと思います。番組の編集に関しては、プロのしごとだな~と、やはり感心しました。

私の思い出として、忘れないうちに記録しておこうと思い立っての連載です。

どうも、長い連載をいままで読んでいただいた方に感謝します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック