京都・近江八幡

画像


10月18~20日京都と近江八幡に旅行してきました。
初日は、京都に午後についたので、まだいっていない穴場を散策。
舞子はんの行き交う、昔の京都を忍ばせるところであった。
外国人のツアーもきていて、どうもドイツ人みたいだった。
夕方で暗くて映りが悪いですが、いわゆる有名な祇園とはひと味違うところです。

画像



京都の市内を地下鉄で移動。
地下鉄に乗ったら、なんとドアの前に椅子が??
ラッシュのときに、この椅子と背もたれは天井に収納するようです。こんなのは東京にないな~!
なんでドアの前にいすが??と驚きました。

画像


また、商店街で松茸を売っていましたが、値段をみてびっくり!!
なんと一山10万円、15万円もするものが・・・ひえ~っ!です。だれがたべるのやろ? お坊さんだろうか? 祇園で遊ぶのも坊さんが多いと週刊誌で読んだことがある。
拝観料は、生臭坊主の胃袋にきえてゆくのか?

画像



町中には至る所に小さなお寺さんがある。
近所の人がまめにお祈りに来ているのか、きれいにしてあり、線香もたえないようだ。

画像

2日目、近江八幡へ向かった。近江八幡は初めてで、京都を朝、レンタカーで発ち、比叡山延暦寺に寄って、近江八幡散策した。

画像


延暦寺の本堂では、中学生の修学旅行生が坊さんの説教を聞いていた。聞くとなしに聞いていると、人間は6つの動物に生まれ変わるようなことを言っていた。何だこりゃ?!と思ったけど、詳しく最後まで聞けなかったので、どういう話かわからなかった。



近江八幡はなかなかいいところで、気に入りました。
運河が掘ってあって、昔の面影が濃く、雰囲気のよい町です。

画像


画像


画像


坊さんが自転車に乗っていた。貧乏な坊さんもいるのですね。
高級車に乗っている坊さんも多いですけど。ほほえましい風景。

画像



なにかの店やさんでしょうけど、玄関に花をかざり、すてきな雰囲気のお店でした。

画像



畑の所にコスモスが満開!

画像


最後に長命寺に。車で上まで行けるのを知らずに、880段の階段に挑戦。
かなり急な階段で、きついっす!
登ったら下りてこなくてはならないし、私はまあ平気だったのですけど・・・

お年寄りは、長命どころか、途中であの世に行ってしまうのではないかと心配しましたよ。

画像


画像



そして、長命寺で、琵琶湖に日が沈むところに遭遇。
美しい湖面に反射する夕日を撮影できました。(かみさん撮)

画像



下りは、車道をぐるぐる周りながら下りて、竹生島へゆく遊覧船の船着き場にネコがたくさんいました。

黒猫に「おいで!おいで!」とネコ語で話しかけたらとんできました。なぜてやったら、ごろりん。雄でした。

面白いことに、脇毛とまたのところだけ白い毛が生えているんです。ちょっとひわいな、黒白ネコでした。(かみさん撮)

画像


でも野良猫が、こんなに人間を信頼して、甘えてくるのは、ここに住んでいる人たちが、おおらかで、やさしい人たちなんだろうなと思いました。野良猫をみれは、どんな人が住んでいるかが想像できるんです。
近江八幡はいいところです。またいくつもりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

うにママ
2006年11月09日 12:17
京都・近江八幡ええおすなあ。お写真もはんなりしはって、美しおす。わても12月に京都に行きますよってに、楽しみにしておりまんがな。…?って、慣れない京言葉は使うべきではありませんね。
島田
2006年11月10日 00:00
すごくいい写真です!
さすがは伊藤さん、素敵なブログですね。
じっくり読ませていただきました。
また遊びにきます。
天道虫
2006年11月15日 10:49
はっはは!うにママさん京都ことば上手いですね。
文字でなく耳で聞きたかったです。
京言葉は女性的で美しいですね。今年は紅葉が遅れているみたいですから、12月が最高かもしれませんね。
天道虫
2006年11月15日 10:50
島田さんどうもありがとうございます。
またきてください。
コメント気がつきませんでした。レスおそくなってすいません。

この記事へのトラックバック