ちゃーちゃんの日記 「理科の観察」

画像


9月下旬、この前「夏は来ぬ」だったのが、「もう夏は行きぬ」になってしまった。気のせいか季節が巡るのが早くなっていると思いませんか?

でも、昔のひとはうまいことをいいましたね。
「暑さ寒さも彼岸まで」と、ほんとに彼岸前後で季節ががらりと変わります。

セミも元気がなくなって、死期を迎えているらしい。玄関にアブラゼミの弱ったのが落ちていたので、ちゃーちゃんにみせてやった。

画像

 (なんだろうこれ?動いてるよ!)

今日は理科の授業である。実物を観察させる。

画像

 (あれ!急にねちゃった?!突然死かな?)

画像


 (あっ!飛んだ。障子に止まったぞ。垂直に登れるんだ!)

画像

 (よ~く、観察しなくちゃ!目はどこだろう?小さいヒゲがあるぞ!)

しばらく、セミさんと遊んでもらって、満足げ。
むかし私が、小学生のとき、母の実家で昆虫採集をして、セミをいっぱい捕り、虫かごに入れておいて置きました。
ところが、翌朝起きたら、虫かごのセミは全部食べられ、羽だけが残っていました。おばあちゃんに聞いたら、ネコが全部食べちゃったよ、だって。野生的だったんですね昔のネコは。猫缶やカリポリのえさなんかなかったので、昆虫も貴重なえさだったのです。ネズミもスズメもよくとってきましたもんね。

ちゃーちゃんは、じっくり観察して、ちょっとだけ、おそるおそる手を出して・・・やはり、シティガールなのかしら?

画像


なんだか、気持ち悪いやつ!って、動きののろくなった、セミには興味が薄れてしまったようです。

最近は、夜、寝るときに、ふとんを敷き出すと、本日のメインイベント!!という感じで、ちゃーちゃんは、走り回るわ!飛び跳ねるわ、かくれんぼするわで、一気に興奮状態に陥る。

ふとんを敷き終わり、私が横になると、興奮冷めやらずで、手にかみついてくるわ、ひとのからだを踏んづけて走り回るわで、ドラッグでもやったのではないかと思うくらい、ハイな状態になるようです。
ほっとけば収まるようなんですけど、私もアホなほうなので、一緒になって、はしゃいじゃうんですね。
ネコの興奮状態に火に油をそそぐようになってしまい。1匹と一人は布団の上で夜な夜な、興奮状態で暴れ回るのです。

おかげで、手のひっかき傷、かまれ傷は、絶え間なくつけられ、一つかさぶたができて治ったと思うと、次の傷ができ、消えることがない状態です。

かみさんにいい加減にしなさいと、チビネコとおじさんは毎晩怒られています。

いつまで続くんだろう?

こんな楽しい時間はいつまでも続いて欲しいんですけどね。ねえ!ちゃーちゃん!

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

うにママ
2006年10月06日 18:02
毎晩楽しそうですね。
ちょっと見なかった間にチャ-ちゃん、女の子っぽく
なりましたね。あの青い瞳で見つめられると、悪さをしても叱れませんね。若い娘に翻弄されるオジサンって感じですかね。
天道虫
2006年10月06日 21:15
子ども時代は終わりかかっているみたいです。
いつまでも子どもでいて欲しいけど、そうも行かないですね。恐怖の?発情期が始まりそうです。
青い瞳に弱いんです。ちょっと甘やかし過ぎたかもしれません。

この記事へのトラックバック