ちゃーちゃんの日記 「ネコ突然死症候群 」

画像



 (おお!スフィンクスみたいなかっこう)

飼い始めて約2ヶ月になります。
とにかくうるさいくらいにつきまといます。
私が行くところ行くところ付いてきて、何かすると、すぐちょっかい出します。
ものの本によると、どうも兄弟と思われているらしい。
猫の兄弟はいつも一緒で、兄貴分がなにかやると、なになに!?
とすぐ、兄弟が集まってきて、遊びを分け合うようなことをするのだそうです。
まさにちゃーちゃんは私を兄貴分と思って、なにか面白いことをやるのかと、いつもわくわくさせてくっついてくるのです。

画像


画像


画像


画像


お気に入りのオモチャを投げてやると、すっ飛んでいって、ヒモをくわえて戻ってきます。そして、もう一回やってと待っています。
しつこくて、やってもやっても、もっとやってと、飽きることをしらないんです。

ほっとくと、しかたなく一人遊びします。

画像


いつまでもこうしていて欲しいと思います。
でも、遊んでいたかなと思うと、急に静かになるからどうしたんだろう? と見ると寝ています。

画像


以前、このように、遊んでいる最中に急に動かなくなり、私は、突然死したのではないかと思って、取り乱し、かみさんに「たいへんだあ!ちゃーちゃんが死んでしまった!!」と大騒ぎしたことがありました。

画像


 (これは別のときの突然死)

突然死症候群、人間の赤ちゃんに起こるそうですが、ネコでもおこるのではないかと、そのとき、あまりに唐突に動かなくなってしまったので、突然死が頭に浮かび取り乱してしまったのです。
「ちゃーちゃん!ちゃーちゃん!」と叫んで揺り動かしたら、う~~んとばかり、生き返ったのです(たんに目を覚ましただけなのですが)。
まったくどうしようもない親ばかで、かみさんにも馬鹿にされ、わらわれてしまいました。

画像


画像


画像


しかし、いたずら大好きで、つぎつぎ、いろんなことをやってくれます。
扇風機は首振りになっているので、動いてくれるのがおもしろいみたいです。
扇風機のガードの目が細かいので、手は入ることはなく、危険はないのですが・・・

画像


頭隠して尻隠さず。本人は完璧に隠れているつもりのようです。
見つけたけど、見ないふりして、遊んでやらなくてはならないのです。
ここから飛び出したとき、大げさに驚いてやります。
私が驚く様が面白いらしく、何度もやりたがります。
おかげで、「わっ!驚いた!」の演技がものすごく上手くなったような気がします。

日記に載せようと、写真を整理していたら、家に来て2週間目と1ヶ月半のネコタワーで寝る、同じようなポーズの写真がありました。比べてみたら、当然ですが、ずいぶん大きくなっています。

画像


  (家に来て2週間目、生後2ヶ月)

画像

 
  (家に来て1月半目、生後約4ヶ月)

ほんとにあっという間にこどもではなくなって行きますね。
11月ごろ去勢手術をしなくてはなりません。
どこかの女流作家ではありませんが、赤ちゃんを捨てるなんてことできませんからね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とくさん
2006年09月14日 11:14
ネコの瞳のことで気がついたことを書きます。ネコの瞳は千変万化。明るいところでは細くなり、暗いところでは大きく丸くなりますよね。それはわかるのですが、何かにじゃれつこうとして狙いを定めているときに瞳は大きく丸くなってとても可愛い顔になりますよね。朝起きて、ご飯をねだるときもそうです。あれってどうしてでしょう。想像するに、ある1点を集中して見るときにああなるのでしょうか。カメラのレンズと比べて考えると、レンズを開放した状態ですから、集中して見ている1点以外は、明るく飛んでハレーションを起こしているような状態でしょうか。1点だけは明るくクリアに見えているのかな。それとも、あの状態のときは、目が望遠レンズのようになっていて、見える範囲が狭~くなっているのかな? 謎は深まるばかりです。
天道虫
2006年09月20日 15:19
書き込み気がつきませんでした。レスが遅くなってすいません。
確かにそうですね。なんでだろう?
なにかねらったり、興奮すると瞳孔が広がりますね。普通に見ているときは、感度をおとして、少し暗めで見ていて、大事なときは少しでも明るくするのですかね?
このへんは調べてみないとわかりません。

この記事へのトラックバック