チョロの思い出3

画像


(チョロの20歳のときの写真です。)


いやー、ほんとに大変でした。よいこのみなさんは真似しないで下さい。

ところで、今さら、あの先生の言ったことは本当なのか?酔った勢いで、いいかげんなことを言ったのではないか?

「あのバカ、ほんとにやっちゃったよー!」なんて思っているのでと、多少気にはなっていたので、ネットで調べましたら、出てましたよ。ヒマでしたら見てください。

http://www2e.biglobe.ne.jp/~kariya/nyan/nya0212.html

綿棒による、発情をコントロールする方法です。驚きましたね。

あの先生は、テレビにもでたことがある人だし、声が大きく、さっぱりした性格なので、うそをいったり、人をかつぐ先生じゃないとは思っていましたが・・・・本当だったのです。ほんとうに突っ込みがたりなかったようなのです。

でももう2度とやりたくないですね。

このネコは20年生きましたが、やはり、不妊手術をしたのがよかったのでしょうね。手術した後は落ち着きを取り戻し、少し退行現象か、若返って、よくじゃれるようになりました。

一般的に不妊手術したネコはふつうより長生きするそうです。

でも、今思うと、1度くらい子どもをつくって、後継者を残してから、不妊手術をやればよかったかなとも思いますが。綿棒事件で取り乱していたもので、そこまで考えがおよびませんでした。

チョロは、雀を捕るのが上手でした。捕ってくると、持ち帰ってきて、私を呼んで、食べろとでもいうように、私の前におくのです。息子とでも、おもっているのですかね。

また、これは、すごいと思うのですが、夫婦げんかで大声でやり合っていると、大きい声をだしている方に、つかつかと歩み寄り、ズボンのすそをかみついて、引っ張るのです。

まるで、仲裁しているようなのです。大きい声の方が怒りがはげしいわけですから、もうよしなさい! いい加減にしたら!!と言っているようなのです。

これで、一気に気合いがそがれて、けんかは中止です。その様子をビデオにでもとっといたら、うちのチョロはテレビに出られたかもしれませんね。

うちの夫婦関係が壊れずになんとか続いたのも、チョロのおかげです。「子はかすがい」なんていいますが、チョロは、かすがいどころか、仲裁までしてくれましたから。

チョロには、お気に入りの猫じゃらしがあったのですが、これで遊んでもらいたいときは、それを自分でくわえて、持ってきます。そして、私の前に置いて、さあー、あそぼう!とばかりに、低く構えてやる気まんまんの気持ちを見せるのです。

ひとしきり遊んでやると満足して、猫じゃらしをもとのところに片づけます。うそです。片づけるのはしなかったです。私が片づけましたが・・・

画像


画像

私は魚釣りをやりますが、魚を釣って帰ると、大喜びです。私が、魚の調理をしだすと、そばにぴたりとくっついて、ときどき背伸びして、おねだりしてと、釣り人としては、こんなに喜んでくれるやつがいると、ほんとうにうれしいのですね。(写真は死ぬ5日前の魚釣りの調理風景です。少し、尿漏れをするようになっていて、紙おむつをしています。)

まるで、ネコのために釣りにゆくようなところがありましたよ。

でも、こんなに利口で、かわいかったネコが死んでしまったのです。もちろん20歳といったら、ネコではものすごい長寿です。大往生とむしろ喜ぶべきかもしれませんが・・・

続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

北海道の白黒猫の母
2018年03月20日 23:30
はじめまして。
7カ月の子猫が突然発情期を迎え、うろたえていたところ、ブログ拝見いたしました。
綿棒、やってみましたが怖いですね(゚O゚)
早く不妊手術させたいですが、あと10日は無理です。
うちの子猫もシャム混じりの白黒猫で、おてんばですが、賢くて良い子です。
20歳のご長寿にあやかりたいものです。
愛情いっぱいの記事、ありがとうございました!

この記事へのトラックバック